サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

“報・連・相”

投稿日:2006年12月2日 更新日:


“報・連・相”…新入社員研修等で耳にする言葉で、「それは非常に大事だ」ということも耳にたこができる位、聞いていると思います。
ところが実際、これが出来ていない人を多くみかけます(自分ができているかどうかは棚に上げますが…(苦笑))。
行為としての”報・連・相”はできていても、その実態は…という感じです。

どういう事かというと、報告者はそれを伝えています。
しかし受け取る側はそれを正確に理解出来ておらず、または、一部しか出来ていません。
もっと悪いのは受け取った側も「理解したつもり」になっていることです。

こうなると情報の行き違いが発生して、結局冒頭の”報・連・相”が出来ていないことになります。
いくらその行為をしても、報告を受けた側が理解なければ出来ていないのと一緒です。

私自身が過去に仕事の上で指摘された事でもあるのですが「自己満足の連絡では意味が無い」と言い切っても良いかもしれません。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

※アイキャッチ画像:https://www.flickr.com/photos/slowkodachrome/5326980198/

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社内勉強会の初めの一歩

先日のDevLOVE関西「勉強会勉強会」のビアバッシュでの話です。 社内勉強会を始めようと思った時の2つの不安 20人位の組織にいる人で「どうやって社内勉強会を始めて良いか分からない」という課題を持っ …

プロジェクトの種々なこと

「プロジェクト」を、前職ではPMO(プロジェクトマネジメントオフィス)的に外から、そして現職で逆に一員として内から見て…と異なる視点を経験しました。その中で感じたことをつらつらと書いてみます。 1:全 …

会議の費用対効果

IDEA*IDEAのミーティングで使えるちょっとした話法いろいろを読んで会議の費用対効果について考えたことです。 会議の目的 一口に会議といっても、色々な種類や目的があります。 1:ディスカッションや …

ペアプログラミング―エンジニアとしての指南書[読書感想]

ペアプログラミング―エンジニアとしての指南書 著者:Laurie Williams, Robert Kessler 翻訳:長瀬 嘉秀, 今野 睦, テクノロジックアート 今の小規模プロジェクトで、ペア …

「サービス業」の側面

サービス業を中心として「おもてなし」「ホスピタリティ」という言葉があります。 ホスピタリティ→お互いを思いやり、手厚くもてなすこと。または歓待をすること。 一方、IT業界では「建設業」や「製造業」と比 …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。