サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

改善 旧館より 書籍

1回の会議・打ち合わせで必ず結論を出す技術[読書感想]

投稿日:2009年1月11日 更新日:


1回の会議・打ち合わせで必ず結論を出す技術
著者:斎藤 岳

題名の通り、会議/打合せでいかに(参加者全員が納得し、次のアクションへつながる)結論を出すかを書いています。

◆目次
第1章 「結論を出す能力」を身につけよう(なぜ、会議の技術を学ぶのか
世の中に溢れる「メタボ会議」 ほか)
第2章 会議・打ち合わせを科学する(「結論が出る」メカニズムとは?
会議の「負のループ」を断ち切るには? ほか)
第3章 会議・打ち合わせの技術を知る(ゴールはなに?
アイスブレイク・巻き込み ほか)
第4章 困った!問題にどう対処する?(問題のある参加者にどう対応するか
グループが問題に直面したときにどう対処するか)
第5章 プロジェクトにおける会議のコツを学ぶ(「メタボ会議」ではプロジェクトは失敗する
難易度が高い会議では、準備が重要 ほか)

よく見かけるNGな会議/打合せを「メタボ会議」と名付け、それをなくすために「7つの心得」「11の技術」を紹介していくという流れになっています。

私が印象に残った箇所を羅列すると…。

「発散」「収束」のギアチェンジ

私自身が心の中で気をつけているつもりですが、参加者全員で共有できているか?、また、場の雰囲気がそうなっているか?までは辿り着いていないなぁと。

GAPのP(Point of view)

ハッとさせられました。G…Goal、A…Agendaは意識していてもPまで意識できているかは弱いかも…。

良くない会議の特徴

これに陥っていないか?をセルフチェックに使えそうです。

キーワード「今日のゴールはなに?」

特に社外のお客様との打合せに一緒に行くメンバーと事前に意識合わせをして「打合せが終わった時にどんな状態になっていればOKなのか?」を共有しておきます。

ラップアップ

色々話した末の結論の確認は大事で、これを怠ると「で、結局どうなの?」とまた振り出しに戻ってしまいまうこともあります。

後半の「困った人/状況への対応」部分は、後付けな感じがして少し蛇足かな?と思いましたが、前半…特に事例はOK/NGケースをそれぞれ対比しており、分かりやすく「すぐに実践できる」内容が多いように感じました。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo credit: shoothead via Visualhunt.com / CC BY-ND

-改善, 旧館より, 書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「レビュー」タスクの見積もり

1~3年目のような経験の浅い方が見積もる「レビュー」タスクの工数について思うことがあります。 レビューはある成果物…提案書や設計書、ソースコードなど…を個人/複数のメンバー…たいていはプロジェクトリー …

昔は良かった?

年上の人と話すと、割と誰しもが感じる「昔は~だった」について、「自分もこうなったらあかんな」と自戒を込めて書きます。 年上の方と話していると、時々「昔は…だった」という話が出てきます。 昔の話を聞ける …

仕様変更における納得感の大事さ

システム開発プロジェクトでは、仕様変更は程度の差はあれどあるものです。 その仕様変更決定までの過程によっては、(SIerも含めた)プロジェクト関係者の納得感のある/なしが大きく変わり、それはアウトプッ …

自分のTwitterアイコンの変遷

Twitterアカウントのアイコンは干支をモチーフにしたものですが、元ネタはヨメさんが年賀状用に描いていたものです。 #コミュニティなどで使う個人名刺にも使っていて、名刺の作成は前川企画印刷さんのブロ …

「インセプションデッキ」ワークショップをやってみました

先日、社内で「インセプチョンデッキ」のワークショップをやってみました。 社内SNSでの募集期間が1週間も無かったのですが、10人強の方が参加してくれました。参加者の皆様、ありがとうございました。 イン …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。