サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

自分のテンションを維持する方法

投稿日:2009年9月13日 更新日:


コンピュータは基本的に調子の波がなく、いつでもいつまでも同じポテンシャルを発揮してくれます。
#CPU100%は「調子が悪くポテンシャルが低い」と表現できますが、ここではそんなことを言いたいのではなく…。

一方、人間は日によってももちろん、1日という中でも、同じタスクに対する生産性が違う時があります。
このポテンシャルの高低を小さくし、高いポテンシャルを維持する方法で私がしていることを書きます。

この手の…精神的、内面的なことは、人それぞれで、「自分に合う方法」を見つけることが大事かと思います。
この「自分に合う方法」を見つけ、それを定期的に見直し、実施していくことも大事かと思います。

自分と勝負する。

「このタスクなら2時間で出来る」という見積もりを目標として、勝負感覚(タイムアタック)でタスクに取り組みます。
(自分で決めた目標であれ)負けず嫌いな性格なので、集中して取り組むことになります。
時間を気にしてタスクに集中できないのは、本末転倒ですが…。

集中力を高くする効果もありますし、そのやり方に対しても「少しでも効率化できる方法はないか?」と工夫する意識も高まります。

Todoリストを工夫する。

Todoリストにタスクが溜まると「うわ、こんなにもある…」とドンヨリした気持ちになりがちだと思います。

そこを、少しでも進んでいると(少なくとも自分に)思い込むために、タスクの【□】に斜線を1本入れることで着手を示し、完了したらもう1本を入れる運用にして、着手と完了で2段階とします。
これで「少しでもタスクが進んでいるんだよ~」とリズムを作るようにしています。
また、大きなタスクだと腰が重くなりがちなので、すぐにできる(15分とか)タスクに分割したりします。

朝早く出社する。

私はだいたい1時間~1時間半程、早く出社しています。
周囲も静かですし、電話なんかの雑音もありません。結果、集中力が高くなり、生産性が高くなります。

ちなみに、プロジェクトでの立場やタスク状況にもよりますが、その早出で集中力が高くなり、高い生産性を維持し、そのままの勢いで午前中のうちに、その日の予定タスクを完了できたこともあります。

最初に書いたように自分に合う方法を見つけるためにも、「あの人、仕事が早いな」という人の方法や考え方なんかを参考にしてみると良いかもしれません。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo credit: “Stròlic Furlàn” – Davide Gabino via VisualHunt / CC BY-ND

-旧館より, 考え方

執筆者:


  1. […] 以前エントリ「自分のテンションを維持する方法」で「朝早く出社する」ことを書きました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕様変更における納得感の大事さ

システム開発プロジェクトでは、仕様変更は程度の差はあれどあるものです。 その仕様変更決定までの過程によっては、(SIerも含めた)プロジェクト関係者の納得感のある/なしが大きく変わり、それはアウトプッ …

テーブル設計の指針(備忘録)

最近、DB設計やデータモデリング等のDB周辺について集中して触れることがあったのでテーブル設計における指針を備忘録として書いておきます。 サロゲートキーとナチュラルキー 主キーの設定時に大きく2つの設 …

会議での「KY読めよ」な空気がキライ

議論が活発な会議で、費用対効果が出ているような会議ならそんなことはないのですが…。 生産的で無い、一方通行的報告的会議で質問すると… 「時間無いねんから」 「そんなんどうでもええやん」 …的な空気にな …

愚痴を言うよりも何か行動を起こす方が精神衛生上良いと思う

 飲み会の席で上司や会社の愚痴を言う人がいます。  愚痴はストレス発散の効果もあるでしょうから全面的に悪いとは思いません。  ただ改善の見られない愚痴(それは既に愚痴では無いかもしれませんが)を聞いて …

同姓同名がいることを想定する

あるサービスについて、メールで問合せた時の話です。 その返答には「××についてのお問い合わせは○○部の木村(仮)にまで」とありました。 この名字しか記述がなかった部分に「?」と思いました。 同じ部署に …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。