サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

自分憲法

投稿日:2009年12月3日 更新日:


#ソース元は「一生かけて取り組むべきものが分かる“自分憲法”の作り方」です。

自分のことを考えてみると「楽しく、成長しながら仕事をする」というのがそれと思っています。
#この「自分憲法」の考え方は、(迷った時にはそれに基づいて判断する)「プロジェクト憲章」に似ている気がします。

この自分憲法を毎日見て、心に刻み込むようにすれば良いかもしれません。
忙しい日々が続くと目先のタスクに終われて、こういう大事なポイントを振り返る間がなく、(作業者になって)モチベーションが下がってしまいます。
キーワードの1つ「成長」をもう少し細分化すると…「自分の成長」「誰かの成長を手伝える」「誰かには人以外にも集団、組織(チームやグループ)も含まれる」となります。

一方、「楽しく」で気をつけていることは「不満やネガティブワードを極力思わない」「(思わないが難しくても)特に若手の前では言わない」「ポジティブワードを言うです。
#これを意識していると自分のテンションも良い方向に向かうことが多いと思います。

「自分憲法」より具体的な考え方として「趣味も家庭もバランス良く両立させる」というのもあります。
やはり良い成果の背景には良い精神状態が必要と思います。
人間関係にトラブルが出ていたり、何1つ趣味が無いというのもバランスが良いとは言えないと思います。

また矛盾するようなことですが(帰り際に)「もっと仕事をしたい」・(行く時に)「早く仕事をするために会社に行きたい」と思うような状況も、「楽しく」感じる要素だと思います。

メンバーと切磋琢磨して、お互い成長できる状況、何事に対してもアツイ感じで議論、考察して、そこから得た情報やTipsをどんどんシェアできるような状況が三度のメシより好きです。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo credit: dalbera via VisualHunt.com / CC BY

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

打合せ前に少しだけ調べておく

とある社内での打合せの席で思ったことです。 「相手の方を少しだけ知っておくと、それだけど打合せがスムーズに進む(進みやすい)」と。 その打合せは部門も違い、お互い初対面でした。 ただ、事前に「○○さん …

ワークフローシステムが意味がない時

社内にあるワークフローシステムを使って事務処理をしていた時にふと思ったことです。 例えば、開発プロジェクトでサーバなどのハードウェア器機を調達する必要が出てきたとします。 それは、当然個人で買うわけで …

会議での「KY読めよ」な空気がキライ

議論が活発な会議で、費用対効果が出ているような会議ならそんなことはないのですが…。 生産的で無い、一方通行的報告的会議で質問すると… 「時間無いねんから」 「そんなんどうでもええやん」 …的な空気にな …

ホワイトボードを使わない会議はあり得ない

色々な意味でカルチャーショックなプロジェクトの話です。 お客様との打合せ…議題は複雑で、図解をしたりして、何らかの「見える化」などの対策をしないとアッと言う間に「空中戦」になること必至のものでした。 …

こんなPMOはいらない

私のキャリアの中に、数年ですがPMO(Project Management Office)的な経験があります。 #PMOの役割や定義も組織においてまちまちなのですが…。 当時はそういう組織がなかったの …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。