サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

仕事のやり方 旧館より

新人研修の内容が現場へ連携するようにして欲しい

投稿日:2010年11月16日 更新日:


私の所属組織では、新卒採用後、数ヶ月の集合研修を経て、各部門のそれぞれのプロジェクトへ配属になります。
以前、私が担当していたPJに新人が配属されたことがありました。
で、その時に思ったことです。

思ったこと

新人の方が、集合研修などの現場配属前に…「どういうことを学んだのか?」「どういうことは学んでいないのか?」というのが現場(最低でもOJT担当者)には、あまり伝わっていないなぁということでした。

例えば「Javaプログラミング研修」というカテゴリがあったとします。

その内容に対しこういう疑問が浮かびます。
・コマンドプロンプトのみだったのか?それともEclipse前提なのか?
・Webアプリなのか?それとも(ただJava言語の内容理解のために作った)コマンドラインアプリなのか?
・Webアプリだとしたらは素のServlet+Jspなのか、それともStruts等のフレームワークを使ったのか?

困ること

新人の方が研修で学んだことが現場に伝わっていないと、適切なタスクを任せることができず、結果として
1:その新人の方が得ることができる成功体験の機会を奪う。
2:(使わずに済んだ)工数がかかってしまう。
となってしまうことがあります。

1は「学んだこと(ここでは『できること』と解釈)」を分かっていれば、それに関するタスクを(割と)任せることができ、「できた!」という成功体験を得やすくなります。
経験の浅い方には「これができた!」という(小さくても良い)成功体験が必要だと思います。

2は「学んだこと/学んでいないこと」を分かっていれば、タスクの説明やフォローをどこまですれば良いかより適切に判断しやすくなります。

伝わりやすくするためには

研修のテキストや資料を現場、OJT担当が見れるようにすれば、だいたい「どういうことを学んだのか?/学んでいないのか?」が分かると思います。
その上でさらに可能であれば、研修の講師役からテキストや資料以外に「どういうことを伝えたのか?」を引継ぎを受けます。
それらの情報を元に、新人の方と会話をする。
こうすることで、困ることに挙げたようなことは解決すると思います。

研修のテキストや資料を見れるようにするのは、それ程難しいことではないと思います。
新人教育は、「人事部だけ」や「配属部門だけ」などの1つの部門で完結するタスクではなく、連携が必要になるものです。
ところが組織風土によっては、組織間連携が断絶していたりして、情報がうまく連携できず活かせていないようなこともあります。

(新人教育だけでなく)前工程/後工程があるタスクはすべからく、このような状態になっていないか?を見渡してみる必要もあるかと思います。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo on VisualHunt.com

-仕事のやり方, 旧館より

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

継続的な受付窓口って必要

ふとあるミーティングで熱く議論した後に思ったことです。 色々な組織レベルで、「会社を活性化するには?」とか「売上を伸ばすにはどうしたら良いか?」という類のアイデア出しやブレーンストーミングを目的とする …

仕事と勉強会の源泉の関係

ここ1年ほどいくつかの勉強会に参加して、時にはスタッフだったり、スピーカーをさせてもらったりした中で「仕事と勉強会の源泉の関係」について感じたことです。 「今日の勉強会でエネルギーをもらったので、明日 …

あるフリカエリにて。

あるフリカエリをして、しばらく時間が経ってから思ったことです。 性格やクセに起因する、固有の行動特性は、『簡単』には変わらない…と思いました。 変わるには、それなりの意志の強さが必要だったり、周囲の状 …

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ[読書感想]

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ 著者:横田 尚哉 問題解決がテーマの本は色々読みましたが、その中でも良書の部類に入ると思います。 ポイント …

エンジニアの特徴って高い「知的好奇心」

以前「お医者さん」だって全部の病気を知らないでしょ?で書いた「(知らないアプリケーションについて)頑張ればそれなりに答えれる事もありますがそれをしない理由」(ややこしい言い方)を自分なりに書きます。 …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。