サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

勉強会 考え方

社内勉強会の初めの一歩

投稿日:2013年2月25日 更新日:


先日のDevLOVE関西「勉強会勉強会」のビアバッシュでの話です。

社内勉強会を始めようと思った時の2つの不安

20人位の組織にいる人で「どうやって社内勉強会を始めて良いか分からない」という課題を持っていました。さらに聞いてみると以下の2つのことを強く気にしているようでした。
1:人が集まらなかったらどうしよう?
2:講師出来るほど教えることもないので、どうしよう?

「1:人が集まらなかったらどうしよう?」の自分なりの答え

「(自分以外に)もう1人いたらやってみる」
「勉強会勉強会」でもお話しましたが、自分以外にもう1人いれば、それは「勉強会」だと思っています。
2人以上いれば勉強会と呼べば良くて、呼び名や定義は些末なことかと。

2人でそのテーマについてお互いの知見や考えを話し合い、共有することで、それぞれが持っていた暗黙知が、2人にとっての形式知となりお互い勉強になります。
仮に新しい知識そのものに出会わなくても、自分とは異なる考え方を知るというのはそれだけで十分な価値があります。

特に小さな組織の場合、2,3人でも何かやっていたりすると「なにやっているんだろう?」と目に止まったりします。そういう興味を持っていそうな人も、勉強会をやっている人から見つけやすくなり、「一緒にどうですか?」と巻き込みやすくなります。

その相談してきた人は、アイデアとしてお茶の時間に休憩スペースにお菓子を用意して、そこでまずは始めということで軽くに30分程度でやってみようと話をしていました。

「2:講師出来るほど教えることもないので、どうしよう?」の自分なりの答え

「みんなで考えて、教え合えば良い」
 
誰か1人が参加者の中で一番そのテーマについて知っている講師である必要はどこにもないと思います。
もちろんテーマによっては、有識者がいる方が進めやすいというのもありますが、それこそみんなが持っている知識を持ち寄ることで解決できることもあります。
またそういう解決できない問題が実際に出てから、それを解決できる有識者を見つけに行っても良いと思います。

その相談してきた人は「【勉強】会」という名前からか、ロールとして「講師」「生徒」なイメージを持っている感じでした。
「自分はこう思うけど、みんなの考えはどう?」「ここのコードがわからなかったから、一緒に読み解いてみない?」と一緒に考えれば良いと思いました。
エンジニアの現場で出会う課題は、ほとんどが唯一の正解があるわけではなく、むしろそのコンテキストに応じた「より正しいと思われる選択を見つけに行く」必要があります。

なので、自分ともう1人が興味あることを見つけて、軽くやってみるのがまずは第一歩だと思ったわけです。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo via Lindsay Henwood via VisualHunt.com

-勉強会, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

愚痴を言うよりも何か行動を起こす方が精神衛生上良いと思う

 飲み会の席で上司や会社の愚痴を言う人がいます。  愚痴はストレス発散の効果もあるでしょうから全面的に悪いとは思いません。  ただ改善の見られない愚痴(それは既に愚痴では無いかもしれませんが)を聞いて …

徹底することの難しさ

やり方の改善や新手法を取り入れることがあります。 例えば今までの設計手法を「品質の向上を目的として、今度はこういう手法、方法をやってみよう…」等という時です。 顕在/潜在的問題点に対し解決方法を考え、 …

同姓同名がいることを想定する

あるサービスについて、メールで問合せた時の話です。 その返答には「××についてのお問い合わせは○○部の木村(仮)にまで」とありました。 この名字しか記述がなかった部分に「?」と思いました。 同じ部署に …

聖人君子はムリでも…

街中で見かけた光景で、ふと思ったことです。 車通りも滅多にない幅の狭い道路、でも信号と横断歩道はあります。 さて、徒歩or自転車でその道路を渡ろうとします(車は影も形もありません)。 が、横断歩道の信 …

強みを否定される

人によってその会社を去る理由は色々あると思います。 (所属組織、他の組織問わず)辞める(た)理由を直接/間接的に聞いた時に思ったことです。 例えですが、あるサッカー選手が「自分はもっと華麗なパスサッカ …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。