サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

「 考え方 」 一覧

「ドッグフードを食べる」意識

2010/05/05   -旧館より, 考え方

先日、あるSIerが発表したプレリリースを読んで、ふと思ったことです。 そのプレスリリースは「こういうソリューション提供できますよ。是非御社で使ってください」というものでした。 #エントリの本質とは関 …

継続的な受付窓口って必要

2010/03/11   -旧館より, 考え方

ふとあるミーティングで熱く議論した後に思ったことです。 色々な組織レベルで、「会社を活性化するには?」とか「売上を伸ばすにはどうしたら良いか?」という類のアイデア出しやブレーンストーミングを目的とする …

社内システムは自分で作りましょうよ

2010/02/13   -旧館より, 考え方

SIerでは社内(情報)システムを自分達で作らない…内製しない…ことが多いのでしょうか? 「××社内システムの再構築の件ですが、○○ベンダーさんに発注することになりました」と報告を聞いていて、冒頭のこ …

発表資料に対する責任

2010/02/12   -日常, 旧館より, 考え方

関係者が順々にプレゼンしていくある会議での出来事です。 ある発表者が冒頭で「え~、これから××についてご説明いたします。が…この資料、私が書いたものでないので、詳細な質問はご容赦ください…」というよう …

ドキュメントを書くために気をつけていること

2010/01/24   -旧館より, 考え方

#ソース元は「誰にでも伝わるSEのための文章術-第6回 読みやすい文章の極意は「修飾語」にあり」です。 「あぁ、そうやなぁ」と思うようなことが、分かりやすい例とともに記述されています。 今まで書いたド …

新しいチームリーダーのことを社内SNSで知った

2009/12/14   -日常, 旧館より, 考え方

12月頭に全社横断的に(主に開発工程の)生産性向上をミッションとする部門に異動になりました。 で、「まずは顔合わせを…」ということになりました。 新しいチームで一緒になるチームリーダー(上司)は分かっ …

自分憲法

2009/12/03   -旧館より, 考え方

#ソース元は「一生かけて取り組むべきものが分かる“自分憲法”の作り方」です。 自分のことを考えてみると「楽しく、成長しながら仕事をする」というのがそれと思っています。 #この「自分憲法」の考え方は、( …

自分の仕事を説明できますか?

2009/10/08   -旧館より, 考え方

#ソース元は「ビジネスマンの不死身力:お盆休みは知人に仕事のことを話そう」です。 IT業界における「システムエンジニア」「プログラマー」「プロジェクトリーダー」「プロジェクトマネージャー」の仕事って、 …

白魔導師はファイアを使えません

2009/09/22   -旧館より, 考え方

最近、久しぶり…半年ぶり…にお客様常駐から社内に戻ってきました。 それで、あるプロジェクトのお手伝い…調査、プログラミングなどを少ししたのですが、その時のお話です。 プログラミングですが、当初はVB6 …

自分のテンションを維持する方法

2009/09/13   -旧館より, 考え方

コンピュータは基本的に調子の波がなく、いつでもいつまでも同じポテンシャルを発揮してくれます。 #CPU100%は「調子が悪くポテンシャルが低い」と表現できますが、ここではそんなことを言いたいのではなく …

こんなPMOはいらない

私のキャリアの中に、数年ですがPMO(Project Management Office)的な経験があります。 #PMOの役割や定義も組織においてまちまちなのですが…。 当時はそういう組織がなかったの …

自己紹介の目的

2009/08/11   -旧館より, 考え方

#参考記事:「自己紹介で確実に名前を覚えてもらう方法」@誠 Biz.ID 自分なりに考えてみると…「自己紹介を通じてこの人(=された側にとっては新しく知った人)は自分にとってどのように影響を与えてくれ …

嬉しい言葉「また一緒に仕事をしたいですね」

2009/06/17   -日常, 旧館より, 考え方

「またこのチームの皆さんと一緒にプロジェクトをしたいですね!」 システムのカットオーバーを無事に迎えたプロジェクトの打ち上げで、クライアントからこんな言葉をもらえるとすごく嬉しいものです。 こういう言 …

トラックナンバーを考える

プロジェクト上で強く意識するキーワードに「トラックナンバー」があります。 意味は「トラックに轢かれるとプロジェクトの遂行が困難になる最少の人数」です。 ※はてなキーワード #周りではあまり使われていま …

問題対私達の構図

システム開発プロジェクト…特にユーザテストなど終盤…で、ユーザから届くイヤな声の1つに「○○機能が想定と違います。Aという動きではなく、Bが(想定される)正しい動きです」というのがあります。 #ここで …

我慢することの難しさ

2009/04/11   -旧館より, 考え方

もうずいぶん前の感じがしますが…2009年1月に納品したプロジェクトで、私が感じたことの1つに「自分には我慢が足りないなぁ」があります。 そのエントリにも書いていましたが、PJメンバーにいた新人と若手 …

潔く本を諦めるようになりたい

2009/04/08   -旧館より, 考え方

どれくらい先かは分かりませんが、今後「したいこと」「できるようになりたいこと」の1つに「潔く本を諦める」ことがあります。 何度かエントリにも書いていますが、仕事関係の技術書やマネジメント系、その周辺領 …

情報を伝える際に気をつけていること

2009/01/09   -旧館より, 考え方

プロジェクトメンバーなどに何か情報を伝える際に私が気をつけていることの1つに「情報は(自分が思っているよりも)多めに伝える」があります。 伝達する情報は過不足ないことが理想です。 とは言うものの、この …

「先読み力」で人を動かす(リーダーのためのプロアクティブ・マネジメント)[読書感想]

2008/11/08   -旧館より, 書籍, 考え方

「先読み力」で人を動かす(リーダーのためのプロアクティブ・マネジメント) 著者:村中 剛志 ◆目次 序 章 先読み力ってなに? 第1章 あなたの先読み力を知る 第2章 先読み力を鍛えるタイムマネジメン …

会議での「KY読めよ」な空気がキライ

2008/09/22   -旧館より, 考え方

議論が活発な会議で、費用対効果が出ているような会議ならそんなことはないのですが…。 生産的で無い、一方通行的報告的会議で質問すると… 「時間無いねんから」 「そんなんどうでもええやん」 …的な空気にな …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。