コミュニティ」カテゴリーアーカイブ

「ええやん」と思ったらやっていこう

 この記事はDevLOVE Advent Calendar 2014 「越境」の12月4日分の記事です。
 昨日のエントリーの書き手である@s_kicさんからのバトンを受けて書かせてもらいます。
#このアドベントカレンダーはなぜか年明け以降も続いていきそうです。「越境」や「DevLOVE」に興味がある方はぜひお気軽に申し込みください。

自己紹介

 2014年4月よりギルドワークスという会社を仲間と共に立ち上げて、スクラムやチームビルディングやファシリテーションを武器に様々なクライアント様の現場で現場コーチをやっています。

 コミュニティではDevLOVE関西をやっています。

 去年(2013年)のDevLOVE Advent Calendar 2013 「現場」では「いろいろな現場に深く関わっていく」を書いたので、良ければそちらもお読み下さい。

「越境」ってなんだろう?

 今まで自分自身で「越境しよう」とか「越境したな」と意識したことはほとんどありません。エントリのタイトルにもあるように【「ええやん」と思ったらやっていこう】という考えで、自分と自分に何らかの期待をしてくれる人達にとって「これが良い」と思うことをやっていたら、今に至っている感じです。

 改めて「越境」について考えてみるとデブサミ関西2014でお話したスライドに言いたいことはほぼ書いていました。

最近思うこと

 たまに「(yohhatuは)機会に恵まれていいよね」「自分はそんなチャンスはないし…」と聞くこともあります。
 自分はこう考えています。

1人の人間が一生で出会う機会はそれほど大差はない。
その一生という河に流れて来るいくつもの機会という実を、拾いに行くかどうか。
不安定な岩場を飛び移らないといけなかったり、河の水は冷たいかもしれない。
でも少しだけ勇気を持ってやってみれば意外と大したことがなかったりする。

その手に入れた機会という実を一口かじって捨ててしまうか、食べきって自分の経験にするか。
一口だけだと美味しくないかもしれない。けれど最後まで食べると思ってもみなかった果実(=すごい学び)が詰まっているかもしれない。

 この「機会を手に入れることができるか」「手に入れた機会からどれだけの学びを得れるか」が越境につながると思っています。

 「ちょっと怖いから」「今はまだその時期じゃない。もうちょっと後で」とかやらない理由などいくらでも出てきます。
 そういう言葉を聞く度に「それっていつなん?」って思います。人生はその「いつか」を待っているほど長くありません。
#この言葉は尊敬する人に言われたものです。

 何も考えずに飛び込もうというわけではありません。
 その考える力を「できない理由」を考えるのに使うのではなく、「どうやったらやれるか?」「もっとうまくやれる方法はないか?」と前に進むために使えば良いわけです。

最近思うこと(その2)

 もう1つ、特にギルドワークスを作ってから強く思うことです。

「越境」は自分の足でする必要がある。
誰かが決めた自分の意思が介在しないで境界を越えるのは「越境」ではないと思う。
自分で考え、決断して、境界を自分の足で越えていくことが「越境」だと。
自分の足で越えていくから、ちょっとした勇気と覚悟もできて「自分事」になってくる。

 この自分の足で歩いて行く時に1人である必要はありません。
 相談したり、背中を押してもらったり、時には言い合いができる「背中を預ける仲間」の存在も、越境する大きな力になります。

最後に

 これからも「ええやん」と思ったらやっていこうという気持ちで自分でハンドルを握って進んでいきます。
 最後は決意表明みたいになりましたが、これが私の【DevLOVE Advent Calendar 2014 「越境」】のエントリです。
 

次の方へ

 @hnishimさんです。どのような越境のお話が聞けるのか楽しみです。

デブサミ2014でお話してきました!

もう2週間も前になるのですが、【Developers Summit 2014 (デブサミ2014)】に参加してお話してきました。

デブサミ2014、講演関連資料まとめとして資料などがまとめられています。

成功と失敗の狭間に横たわる2つのマネジメント

聴きに来てくださった皆様ありがとうございました!

登壇に至った理由は1つ前のエントリ(デブサミ2014で登壇します)に書いています。

1日前までスライドができあがらずけっこう悩んでいましたし、緊張もしていました。
壇上に上がる前は「整理した考えを”自分のため”に独り言のように話す」と開き直って言い聞かせたりもしました。

内容は目新しいことはなく、自分がこれまでやってきた中で「これは大事なんじゃないかな」と思うことについて、やってみてうまくいったり、失敗したこと経験談をお話しました。

他に参加したセッション

1日目は話す前に他の方のセッションを聴くと自分のスライドを手直ししたくなるので、コミュニティブースで色々な方とお話していました。

2日目は以下のセッションに参加しました。(リンク先はSlideShare)
【14-D-1】Team GeekによるFearless Change(角征典〔ワイクル〕)
【14-D-3】越境する開発~あの日開発していたサービスの名前を僕たちはまだ知らない~(市谷聡啓〔DevLOVE〕)
【14-B-5】ピンポンゲームでスクラム体験ワークショップ(川口恭伸〔楽天〕)

角さんのパターンの話は分かりやすかったですし、市谷さんの話をDevLOVE以外で聴くというのも新鮮でした。
ピンポンゲームも終わった後に川口さんと色々ディスカッションできたので「なるほど~」と思うことがありました。

デブサミは同窓会であり、良い刺激をもらう場

デブサミは自分にとって同窓会と改めて思いました。
DevLOVEのコミュニティブースで色々な「お久しぶり!」な人とお会いできたし、(一緒に仕事はしたことないけど)元同僚の@namikawaさんとランチしたり。

そしてそれぞれ場所は違えど色々挑戦していたりして、これも良い刺激になります。

写真

DevLOVEのコミュニティブース
DevLOVEのコミュニティブースです。
@teyamaguさんの設営力(?)に感謝です。

スピーカー控室への案内
スピーカー控室への案内板。

スピーカー控室
ここがスピーカー控室です。
リハーサルの関係で1番乗りだったので誰もいないのですが、日中はここでスピーカーの皆様があちこちで話をしていたり、スライドを手直ししていたりとワイワイガヤガヤと楽しい空間になっていました。

スピーカーパス
スピーカーパスです。これは次のデブサミでも身につけてみたいです。

会場
リハーサルの時に撮った会場です。実際は聞き手の席は暗くなっているので壇上からほとんどお顔は見えなかったのですが。

コーヒースポンサー
1万円でなれるコーヒースポンサーの頂き物です。
書籍も1冊いただけますし、セッションは並ばずに優先的に1番前の電源付きの席で聴くことができるしメリットが多いと思いました。

最後に

両日ともとても楽しく、あっという間の時間でした。

特に2日目は雪の中、時間短縮したり運営の難しい判断もあったと思いますが、それを感じさせることなく楽しませてくれた、翔泳社さんを初めとするスタッフの皆様のオペレーションに感謝です。ありがとうございました!

次のデブサミでも何かお話できるように頑張っていこうと改めて思いました。

Developers Summit 2014

デブサミ2014で登壇します

2014年2月13日(木)・14日(金)に開催される【Developers Summit 2014 (デブサミ2014)】で登壇します。

きっかけはデブサミ2013でのAction

1年前のデブサミ2013の時の話です。
この時のテーマ「Action!」にちなんで「自分のアクションをつぶやきましょう!」と呼びかけがありました。
私はこんなActionをつぶやいていました。


初めてデブサミに参加したのですが、登壇者の話、コミュニティブースでの話、スピーカー控室での話、またデブサミそのものの雰囲気。全てがとてもワクワクして、楽しく、大きな得るものがありました。

その時に「今度はスピーカーとして来てみたらまた違う風景が見えるのかな?」と思い、あのActionをつぶやき、今回、公募に応募しました。
#正直、お声がかかるとは思っていなかったです。もっともっと良い話をする人がいるので。

どんなお話をするつもりか?

【13-A-5】(1日目の15:15)で「成功と失敗の狭間に横たわる2つのマネジメント」とお話をします。
#ありがたいことに満席になっています。

これまでいくつかの組織を渡り歩き、色々なチームでスクラムマスターとしてやってきました。成功したこともあれば、残念ながら失敗したこともあります。成功と失敗の狭間には「モチベーションマネジメント」「期待マネジメント」という2つの「マネジメント」があったと考えています。今回はこの2つのマネジメントについてやってきたことをお伝えしたいと思います。
特に期待マネジメントはチームに対してだけでなく、クライアントやチームの外にいる組織そのもの(より上位のマネジメント層や経営者層)にも大事だと痛感しています。アジャイルなど新しいことを始める際、始めている途中に起きる様々な摩擦や課題に対し、期待を適切にマネジメントして、時にチーム外に適切な情報の発信や交渉ができないと、それら新しいことが定着する前に途切れてしまうこともあります。これらに対し、私の考え方や工夫したことを成功、失敗事例を交えてお話します。

デブサミ運営事務局長からのMeessageに「デブサミ2014では、みなさんのAction!したStoryや、これからAction!したいStoryを、お話いただきたいと思っています。Action!をシェアすることが、受講者の皆様やプロジェクトチームのAction!を促し、結果、社会を善にする鍵になると信じて!」とあります。
それに習って自分のAction!したStoryをお話することで、少しでも自分の経験したことが聴きにきていただいた皆様にとって何か役に立てばと思っています。

他にもこんなのもあります

セッションの質量はもちろんですが、セッション以外にもいろいろなコミュニティがブースを出したりしますので、コミュニティやそこにいる人達との交流も楽しみです。

またコーヒースポンサーもオススメです。
事前申込不要で電源のある最前列でセッションを聴くことができますし、本ももらえますし、何よりスピーカー控室に入れるので、スピーカーの方とお話すこともできたりします。
#スピーカー控室の雰囲気を味わうだけでも良いと思います。

デブサミ2014にお話させてもらえる機会をいただけたことに感謝し、様々な出会いを楽しみにしています。

2013年をふりかえって

2013年もいろいろあったので、どんなことがあったか記録しておきます。
DevLOVE関西関連のことは35回開催した2013年のDevLOVE関西に書いたのでそれ以外で。

1月

大阪リーンスタートアップ読書会 #5
傍楽いきいきプロジェクト~職場の景色を変えるワークショップ~
リーンカンファレンス2013 ~ヒット商品をつくる仮説検証型開発プロセスとスキル~

仕事面では普段のスクラムマスター業以外に、リーンキャンバスやインセプションデッキなどを使って企画やアイデアをもう少し違う形で考えてみるには?といったことに取り組んでいた時期でもありました。

2月

Scrum Boot Camp in 島根
その時のエントリ【「Scrum Boot Camp 島根」に行ってきました】です。
カラダで学ぶチームビルディング
デブサミ2013
11回目にして初めてのデブサミでしたが(デブサミ関西2013の実行委員長として)LTをやってきました。
その時のエントリ【デブサミ2013(やその他色々)に参加してきました
【勉強会】第1回リクリ勉強会「失敗しないアプリ開発を行うには〜 Getting Realを学ぼう 」
京都アジャイル勉強会 #京アジャ 春の特別編
2月25日 第16回 #TFSUG: 大阪vol.2(大阪府)

イベント以外ではマナスリンクさんで「DevLOVE関西」のことを書き始めたり、仕事面では社内でアジャイル開発の勉強会をやっていました。

3月

スクラム道関西「POStudy(第0回)」
京都アジャイル勉強会 #京アジャ 第18回
TOC/TOCfE関西分科会~成功事例から学ぶCCPM講座~

この頃には社内で毎週1回のランチ勉強会というのが始まりました。
そしてもう社外のイベントでは「デブサミ関西2013のキックオフ」というのがカレンダーに記録されていましうた。ここから半年以上に及ぶ準備が始まったわけです。

仕事面では、複数チームのスクラムマスターとして、スプリント計画やふりかえりなどに出たりして色々試行錯誤していました。

4月

第5回大阪Jenkins勉強会
第18回 #TFSUG TFS の今(大阪サテライト)
DevLOVE四国
XP祭り関西2013

仕事面では組織変更なんかがあって守備範囲が広がったりして提案活動に少しだけ足をつっこんだ時期でもありました。

5月

AgileJapan大阪サテライト
実は2013年で、あまり良い意味ではない方の印象に残っている発表でした。
参加者層や届けない内容などが本当にフワッとして、結果として「参加者の皆さん、どういうのをお聞きしたいですか?」的な形にしたのですが見事に盛り上がりませんでした(質問してくれた人は、なんとなく知っている方が多かった気がします)。

この頃からの2、3ヶ月での出来事(人との出会いや場)が、残り半年に大きな影響を与えているように思います。

6月

・Drupal Cafe 2013 vol.5 in OSAKA

7月

色々な人と会って、話して、当時考えていたことの仮説を検証をしたり、インタビューをしたりして、どういうニーズがあるか?など本当にお金を払うのか?など色々試していました。

それに呼応する形で、これまで以上に社外の人と一緒にプロジェクトを進めることが増えてきて、それぞれのやり方や振る舞い、多岐に渡った関心事などにも目が行って面白かったです。

9月

共感で駆動するプロダクト開発の始め方と進め方
XP祭り2013 ~XP~(東京都)
デブサミ関西2013
Scrum Boot Camp (スクラム道関西 presents)
2014年からやっていくことになるChangeHackersとして明確な最初のイベントをやったり、そこからXP祭り→デブサミ関西→Scrum Boot Campというコンボはなかなかにタフでした。

10月

Innovation EGG 第一回 IT系コミュニティ合同•未経験者向け勉強会

仕事面ではこの時期に「あぁ2014年からはまた次のステップに行くんだなぁ」と決めました。

11月

DevLOVE甲子園
1日で最大60人が話したDevLOVEらしいイベントでした。
「団」チームとして話したのは以下のスライドです。

12月

第28回 関西IT勉強宴会
アプリのペーパープロトタイピング勉強会

2013年のまとめ

DevLOVE関西以外でもスクラム道関西、デブサミ関西2013など色々なイベントに関係することができました。
何より2014年はまた違うステージに挑戦してみようと思ったのも2013年の大きな出来事でした。

※アイキャッチ画像:http://www.flickr.com/photos/4ever30something/451088722/

DevLOVE関西

35回開催した2013年のDevLOVE関西

DevLOVE関西、2013年は実に35回やりました。

各セッションで発表してくれた、そしてスタッフとして手伝ってくれた、そしてもちろん参加していただいた皆さん、ありがとうございました!

2013年色々やりました

自分の学習パターンを知る】や【原点回帰」しつつ「3年後の自分戦略」を考える】といったキャリア的なもの、【開発スターターキット】や【みんなに役立つ「テスト」を学んでみよう!】といったエンジニアリング的なもの、また【自律的なチームを育てるファシリテーションを学ぼう!】といったチームビルディング的なものもありました。
いずれもDevLOVE関西のコンセプトの1つである「現場を前進させる」を目標に色々なテーマでやっていきました。

色々なテーマでやっていることもあってか、毎回初参加の方がいてくれたのも嬉しかったです。
また、秋くらいからは「上司・同僚を誘ってきました」と言われる方もいてこれまた嬉しかったです。

やったことのリスト

02/09(土) 勉強会勉強会
02/26(火) SQLアンチパターン・レトロスペクティブ関西
03/06(水) 自分の学習パターンを知る
04/04(木) 関西人の自分戦略
05/11(土) SQLアンチパターン・レトロスペクティブ関西・リターン
05/16(木) WebDesign workshop of the programmer, by the programmer, for the programmer
05/18(土) アジャイルサムライDevLOVE道場 -ロールプレイング・インセプションデッキ-
05/20(月) 体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 実践勉強会
06/10(月) わかりやすいアジャイル開発の教科書ワークショップ#1
06/22(土) セルフ・タスクマネジメント
06/29(土) 【「カンバンゲーム」と「宝探しアジャイルゲーム」】ワークショップ
07/07(日) 開発スターターキット
07/18(木) 今日から始める自動化~自動化入門講座~
07/20(土) テスト駆動開発による組み込みプログラミングのつどい@関西
07/30(火) WebDesign workshop of the programmer, by the programmer, for the programmer #2
08/23(金) 『統計学が最強の学問である』読書会 #1
08/24(土) 共感で駆動するプロダクト開発の始め方ワークショップ(β版) -ロールプレイング・インセプションデッキ-
08/29(木) 関西Excel方眼紙勉強会
08/30(金) Java EE 7 & GlassFish について語ろう
08/31(土) はじめてのGit ~たぶん関西でいちばんゆるいGit入門
09/07(土) デザイン思考ワークショップ
09/12(木) 「原点回帰」しつつ「3年後の自分戦略」を考える
09/28(土) キャンバス100本ノック
10/04(金) 『統計学が最強の学問である』読書会 #2
10/12(土) デプロイメントパイプラインの作り方を考えよう! ~CI環境をもっと “あたりまえ” に~
10/17(木) みんなに役立つ「テスト」を学んでみよう!
10/25(金) 「Lean Diagram」に学ぶProblem/Solution Fit(POStudy大阪出張編)
11/01(金) 「アジャイルな見積もり」を語ってみませんか?
11/11(月) 自律的なチームを育てるファシリテーションを学ぼう!
11/15(金) 「納品のない受託開発」を語る会
11/16(土) DevLOVE関西 ~Decision~
11/18(月) 共感で駆動するプロダクト開発の始め方と進め方
11/30(土) WebDesign workshop of the programmer, by the programmer, for the programmer #3
12/07(土) エンジニアのためのリーンスタートアップ
12/19(木) Dev(ice)LOVE デバイス祭り

こうやって眺めてみると本当にいろいろやっています。

もちろん回数が多ければ良いというわけではないので、参加してもらった方の現場が少しでも前進できるようなクオリティを意識してやっていきたいものです。

2014年も色々やっていきますので、よろしくお願いします!

2014年最初のDevLOVE関西は「開発現場に伝えたい10のこと」それぞれの後日談です。
10人それぞれの開発現場のエピソードが記された電子書籍をテーマにしたお話ですので、興味のある方はぜひお越しください。

DevLOVE関西のソーシャルリンク

Facebookページ
Facebookグループ

Doorkeeper

Twitterアカウント

DevLOVE関西

2013年12月のDevLOVE関西でやったこと

 2013年12月に開催したDevLOVE関西です。
 年末ということもあって2回でした。

エンジニアのためのリーンスタートアップ

 普段からこの分野でお仕事をされている和波さんのお話は刺さるモノがありました。
 ミニワークショップでの「やること1分ピッチ」では、慣れていない方もそうでない方も色々考えていることを話していました。

Dev(ice)LOVE デバイス祭り

 東京の中村 薫(@kaorun55)さんから「この日、大阪行くんだけど何かできない?」という一言から開催されました。

 募集前は、キネクトやセンサー周りの人があまりDevLOVE関西にはいないと思っていたので「あまり参加者は多くないかな」と思っていたら、募集開始半日でいったん満席になり、会場を替えて増席してもキャンセル待ちが出る状態でした。

 本編でも実際にさわってモーションを体験できたりして、ちょっとしたアトラクションみたいになっていました。

DevLOVE関西のソーシャルリンク

Doorkeeper

Facebookグループ
Facebookページ

Twitterアカウント

DevLOVE関西

2013年11月のDevLOVE関西でやったこと

 2013年11月に開催したDevLOVE関西です。

「アジャイルな見積もり」を語ってみませんか?

 参加者の方が後日社内でもやってみたとのエントリがありました。こういうのがあると「やって良かった」と本当に思います。

自律的なチームを育てるファシリテーションを学ぼう!

 チェックインから始まって、徐々に場を作っていき、ワークショップ(体験学習)でその場やそれぞれの役割を実感するという流れでした。
 またそこで感じたことを参加者それぞれがしっかり話し合う時間も持てました(さすがの時間配分と構成でした)。

 実際にこのような場を会社、チームなど現場でどのように作れるのか?作っていくのか?が「(簡単ではない)次のステップ」ですが、そのヒントは随所にあったように思いました。

「納品のない受託開発」を語る会

 セッションは早々に終わって、(ピザ、ビールが入ってからの)後半の質疑応答が本番という感じで、倉貫さんに様々な角度、視点からの質問が出ていました。
 その質問に軸がぶれずに回答している倉貫さんがいました。

 「納品のない受託開発」は私自身も広まって欲しいし、(希望だけでなく)広めたい形の1つだと思っていますので、興味ある方はぜひお気軽に声をかけてみてはいかがでしょうか?

DevLOVE関西 ~Decision~

 8セッション(キーノートとダイアログを含めると10セッション)のDevLOVE関西としては年1回の大きめイベントで、100人以上の方が参加してくれました。

 多くの方が書いてくれたエントリ、まとめなどはイベントページにまとめています。

#このブログ内のエントリはこちら
DevLOVE関西~Decision~を開催しました! | サウスポーなエンジニアの独り言
「DevLOVE関西~Decision~」を手伝ってくれたスタッフの皆さんへ | サウスポーなエンジニアの独り言

共感で駆動するプロダクト開発の始め方と進め方

 私達がやろうとしている「共感を持ちながらプロジェクトを駆動していくやり方」の核となるインセプションデッキの話を @papandaさんに話してもらい、私はタスクボードのお話をしました。

 どちらの内容もワークショップを含めて2、3時間で構成することが多いものですので、時間の都合上「こんなものだよ」というお話がメインでした。
 また機会があればこの会に参加した方向けにワークショップをやってみたいと思っています。

WebDesign workshop of the programmer, by the programmer, for the programmer #3

 デブサミ関西2013の再演から始まり、「アポを忘れないようにするためのサービスを考える」をテーマにしたワークショップをやっていきました。
 普段からこういうことをやり慣れているんだろうなぁという進行の流れや設計はスタッフとして見ていてさすがと思いました。

 6つある各グループを(サポートしながら)覗いていたのですが、それぞれ課題の定義もまた目指す方向も違っていて、(ほぼ初対面ながら)うまくチームができている所もあったりして興味深かったです。
#エンジニアリングが全面に出ているテーマの時とはまた参加してくれる方が違っていたのも印象的でした。

DevLOVE関西のソーシャルリンク

Doorkeeper

Facebookグループ
Facebookページ

Twitterアカウント

DevLOVEロゴ

いろいろな現場に深く関わっていく

 この記事はDevLOVE Advent Calendar 2013 「現場」の22日目です。
#大詰めを迎える12月後半などはまだ空いていますので、「現場」や「DevLOVE」に興味がある方はぜひお気軽に申し込みください。

自己紹介

 「お客様もチームもハッピーにするには?」を日々考えて、スクラムマスターとしてチームビルディング、ファシリテーションなど色々やっている大阪在住の認定スクラムマスター(CSM)です。
 コミュニティではDevLOVE関西スクラム道関西を立ち上げて、主催しています。
#SNSはTwitterFacebookなど。

 去年(2012年)のDevLOVE Advent Calendar「自分にとってのProfessional」では「【25日目】Professionalと思う3つの振る舞い」というのを書いているので、良ければそちらもお読み下さい。

私にとっての「現場」とは?

 これまでも書き手それぞれの「現場」の定義や考え方、関わり方が書かれていました。私は「プロジェクトの成功のために、できることを全力で出している場所」がその人にとっての「現場」だと感じています。

 開発プロジェクトにおいて、コードを書くPCの前がプログラマにとっての現場でしょう。
 お客様と時には厳しい交渉をする営業にとってはお客様との打合せの場などが現場になるでしょう。
 プロジェクトを俯瞰してうまく行くことに責任を負っているプロジェクトマネージャにとってはも色々なシーンが現場となりえます。

少し前まで悩んでいました

 私の考えはそういうものだと書いたものの、少し前まで「自分には現場感がないなぁ」と引け目のようなものを感じて悩んでいました。

 スクラムマスターやチームビルディングがメインの私にとってチームが開発に集中したり、お客様へ届ける価値を大きくすることができる環境を作ることが大きな役割の1つです。しかし、「コードを紡いでプロダクトを作り上げるわけではないし・・・自分は本当に貢献できているんだろうか?」と思うこともありました。

 そんな時にある人が「プロダクションコードを書く場所だけが現場ではない。ユーザーに価値を届けようと一生懸命やっていれば、そこがその人にとっての現場でチームに貢献していることになる」というようなことを言ってくれて楽になったのを覚えています。
#呑みながらだったので、ニュアンスですが・・・。

他の現場をもっと深く知りたく、関わりたくなった

 さてここからが本題です。
 DevLOVE関西をやっていて、特に2013年になって強く思うようになったことがあります。
 それは「他の現場にもっと深く関わりたい」という想い、欲求です。

 大阪を中心にやっている「DevLOVE関西」はこれまで37回開催し、DoorKeeperでの登録者数は610人を越えています(ありがたいことです)。
 そのコンセプト(「開発の楽しさを発見しよう。広げよう」と「開発の現場を前進させよう」)はぶれているつもりはありませんが、テーマはエンジニアリングからデザイン、アイデアの出し方、自分戦略と多岐にわたるため、本当に色々な方が参加しています。
#毎回「初めまして」な方がいるのもDevLOVE関西の特徴です。

 前で話している人、ダイアログや懇親会で繰り広げられる皆さんの話、1つ1つが私にとって興味深い現場の話で「もっと知りたい」という感情を掻き立てられます。
 一見「あるある話」に思えるその内容も、ベースとなる環境、原因と真因、そこに渦巻いている感情やこれまでの経緯など、どれ1つとして同じものはありません。当然、そういう現場の課題に対するアプローチや解決方法も違ってきます。
#そもそも正解があるなんて限りません。

 DevLOVE関西では色々な現場の話を知ることはできます(=”広さ”)が、現場に依存する深い部分を知る(=”深さ”)のはその限られた場、時間だけでは難しいと感じていました。と同時に「そういう色々な現場に深く関わってそこの人達と一緒になって解決したい、お手伝いがしたい」という想いが強くなってきました。

2014年はもっといろいろな現場に深く関わっていく

 そこで2014年は、もっといろいろな現場を深く関わっていくように仕事のやり方を変えていきます。
#実際は今もゴソゴソやっていますが。

 たまたまDevLOVE関西で出会った方をきっかけにして、現場の雰囲気やチームメンバー、上司やステークホルダーの声を聞いて、一緒にその課題の解決や目標に向かって「現場を前進させる」ことの力になりたいと思っています。

 「あぁ、@yohhatuに相談したら、何かヒントになるかも」と思った方、お気軽にお声掛けください。

 最後は決意表明というか、2014年の挨拶みたいになりましたが、これが私の【DevLOVE Advent Calendar 2013 「現場」】のエントリです。
 

次の方へ

 @shokutoさんです。関西の方で、デザイナーとのことで、どんな「現場」のお話が聞けるのか楽しみにしています!

DevLOVE関西

「DevLOVE関西~Decision~」を手伝ってくれたスタッフの皆さんへ

 このエントリはDevLOVE関西~Decision~をお手伝いしてくれたスタッフへ向けてのものです。

 誰1人が抜けても「DevLOVE関西~Decision~は」できなかったと思います。
#4月後半に「今年もやりましょうか」と話題にあがったので、そこから約半年かけての企画でした。

Akiさん(@spring_aki)
 なんだかんだ言いつつ公私にわたって色々付き合ってくれています。
 この日も受付から始まり、カメラマン、またお金の計算など幅広いフォローありがとうございました。

吉池さん(@yoshiumi2010)
 Aルームの司会などいつものように安定した司会業、さすがだと思いました。
 また懇親会もお店の手配から何からなにまで一手に引き受けてすごく助かりました。

川辺さん(@kawakawa)
 小さいお子様がいる中で、Bルーム、懇親会LTの司会、ありがとうございました。
 「なんでそこまで手伝ってくれるんですか?」と聞いたら「だって、こんな面白い場に関われることってそうそうないじゃないですか」と即答してくれたことが嬉しかったです。

@picopico_39さん
 元社内読書会メンバーの@picopico_39さんに久しぶりにお会いしましたが、受付や細かな事務周りの仕事ぶりは相変わらず素敵だなぁと思いました。

@negokazさん
 これまた元社内読書会メンバーの@negokazさん。会場提供のための色々な事務手続きなど本当に助かりました。

市谷さん(@papanda)
 最後のダイアログを見て、やっぱりDevLOVE関西のダイアログは市谷さんだなぁとあらためて思いました。

 ここにはお名前をあげることができませんでしたが、会場設営など諸々お手伝いしていただいた皆様、ありがとうございました!

DevLOVE関西のソーシャルリンク

Facebookグループ
Facebookページ

Twitterアカウント

Doorkeeper

DevLOVE関西

2013年10月のDevLOVE関西でやったこと

 2013年10月に開催したDevLOVE関西です。

『統計学が最強の学問である』読書会 #2

 DevLOVE関西はほとんどスタッフなどで参加していますが、これは@Posauneさんが中心になって進めてくれているものです。

 「読書会」には黙々と本を読んでいくスタイル、読んで来ていることを前提にディスカッションをメインにするスタイルなど色々あります。
 これは「読んで来ていることを前提にディスカッションをメインにする」スタイルで、その日の範囲を読んでくればディスカッションは十分できますので、第3回以降に参加してみてはいかがでしょうか?

デプロイメントパイプラインの作り方を考えよう! ~CI環境をもっと “あたりまえ” に~

 継続的インテグレーション(CI)の基本となるのデプロイメントパイプラインの概念と実践です。
 しかしながら、これを現場でやるのは試行錯誤の連続だと思います。そもそも今動いているシステムにこの概念を導入するのはとても大変だと思います。

 そのデプロイメントパイプラインの概念を分かりやすくお話してもらい、そこから参加者それぞれの現場を思い描きながら「今どうなっていて、どうなって欲しいか?そのためにどこから手を付ければいいか?」というのを描き出していきました。

 少人数でしたが、それ故にそれぞれの個別のアドバイスや経験談が飛び交っていてなかなか濃い話になっていました。

みんなに役立つ「テスト」を学んでみよう!

#DevLOVE関西のFacebookページに書いている内容をご覧下さい。

「Lean Diagram」に学ぶProblem/Solution Fit(POStudy大阪出張編)

 東京を中心に活動されているコミュニティ「POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜」の主催者でもあり、かつての同僚でもある関さん(@fullvirtue)にやってもらいました。

 分かりやすい説明の後にグループで、実際にLean Diagramを書いていました。
 実際に書いてみると分かるのですが、頭では分かっているつもりでも、いざ書いて埋めてみて、さらに全体的に俯瞰してみると不自然な流れが見つかったり、流れ自体が切れてしまっている箇所がハッキリと分かったりして面白かったです。

#以前、XP祭り東京で関さんのワークショップを初めて受けたのですが、随所に仕掛けがあって、私自身の参考に大きくなったのを覚えています。

DevLOVE関西のソーシャルリンク

Doorkeeper

Facebookグループ
Facebookページ

Twitterアカウント

DevLOVE関西

DevLOVE関西~Decision~を開催しました!

 DevLOVE関西~Decision~を開催しました。
#お話してくれたスピーカーの皆さん、参加してくれた皆さん、会場提供してくれたTISさん、DevLOVE関西のスタッフの皆さん、ありがとうございました!

 各セッションのスライドやエントリの内容はイベントページにリンクを貼っていますので、そちらをご覧ください。
 このエントリでは主催者としてなぜこの人に話してもらおうと思ったのか?というのを書いてみようと思います。

8つのセッションと9人のスピーカー

理想の就労環境とは何か 〜ある開発会社がブラックの真逆を徹底した先に見たモノ〜(大石 裕一:@oishi)
 大石さんとは1度しかお会いしておらず、その1度も「このブログ面白いなぁ。大阪の会社?お話してみたいから、一度お食事に誘ってみよう」というものでした。
 それにも関わらず、快く引き受けてくださいました(これは他のスピーカーの方も同じですが)。

 色々考え、決断された末に今の組織の形に辿り着いたと感じたので、ぜひお話してもらいたいと思っていました。

現場より、真実に向かう意志(椎葉 光行:@bufferings)
 DevLOVE関西で会場を貸してもらったり、時には呑んだりしている間柄の椎葉さんですが、特に呑んでいる時にとても良い話をしてくれます。その良い話は信頼関係 開発チーム編などに書いています。

 1人のエンジニアとして現場で事実に向き合っている様がまさにタイトルそのもので嬉しかったです。

プログラマから経営者へ変わる決断と、プログラマを一生の仕事にする決断(倉貫 義人:@kuranuki・伊藤 淳一:@jnchito)
 最初は倉貫さんにお話してもらおうと思っていたら、ひょんなことから倉貫さん、伊藤さんの2人がそれぞれ選んだ決断を対談形式でお話することになっていました。

 伊藤さんには1年前のDevLOVE関西~Derive~でもお話してもらっています。

技術マネージャになってわかったこと〜技術とお金と評価〜(川畑 雄補:@ku_suke)
 デブサミ関西2013の実行委員会でも一緒だった川畑さんです。
 はるかに年下ですが、色々経験されていて、その視野の広さはすごく、ぜひその時々の決断を話してもらいたいと思ってぜひお声掛けしました。
 期待していた通り、換金性という普通のエンジニアではあまり思い至らないポイントで話をしてくれました。

キャラ立ちしたエンジニアになる!(新原 雅司:@shin1x1)
 当時ほとんど面識のなかった2012年12月頃に、コミュニティでも色々活躍されているのを見て「コミュニティについてお話しませんか?」とお誘いしてカフェで数時間お話したのがきっかけです。
 その後、DevLOVE関西「関西人の自分戦略」で興味深いお話を聞いて、今回もお話して欲しいと思いました。
#もう新原さんとあの「拍手ネタ」でお酒が呑めないかと思うと残念です。

SIerの中で技術を大切にする生き方とその秘訣(熊谷 宏樹)
 私の中で、他の皆さんに聞いて欲しい人を誰か1人選ぶとすれば、熊谷さんでした。
 前職のSIer時代の師匠で、この人がいなかったら今の自分の振る舞いの多くはなかったと思うほど、エンジニア人生に大きな影響を与えてくれた1人です。
 25年近く1つの大きな組織にいながらも、エンジニアとして活躍しているその色々な決断を(いつも通り)軽妙なリズムでお話してもらえました。

大企業、未踏ソフトウェア、起業 様々な働き方から学んだ「モノ作り」のエッセンス(染田 貴志:@tksmd)
 RedmineやBacklogなどITSつながりで出会い、時には呑みながら色々議論してきました。
 チームの話や親子チケットをどう扱うか?など本当に多岐にわたってお話して、特にキャリアの話が生々しく、魅力的だったので、お願いしました。

アジャイルに生きる:フリーランスのデベロッパーとしての生き方(江川 崇:@t_egg)
 DevLOVE四国で初めて江川さんにお会いし、お話を聞きました。
 そのエンジニアとしての生き方や仕事への接し方が面白く、いつかDevLOVE関西で話して欲しいと思っていました。
#これより先にデブサミ関西2013でお話ししてもらったのですが。

最後に

 多くの方がお話されていましたが、どの決断が正解というのはないと思います。
 でもその時々で「これだ!」と思う決断をされてきたお話は私自身はどれも面白かったですし、聞き応えのあるものでした。
 そして、終わった時に心地良い疲れと共に「やっぱりこの8人にお願いして良かった」と感じました。

DevLOVE関西のソーシャルリンク

Facebookグループ
Facebookページ

Twitterアカウント

Doorkeeper

仕事と勉強会の源泉の関係

ここ1年ほどいくつかの勉強会に参加して、時にはスタッフだったり、スピーカーをさせてもらったりした中で「仕事と勉強会の源泉の関係」について感じたことです。
「今日の勉強会でエネルギーをもらったので、明日からまた現場で頑張れます!」という声を時々聞きます。
 
(スタッフだったりすると)そういう声は嬉しいのですが、一方で【うまく行っていないのに変化しようとしない現場やデスマの現場でエネルギーが切れる(心が折れる)】→【勉強会でエネルギーを補給】→【また日々のしんどい現場で…】→【エネルギー切れたら勉強会へ】という(改善ではない)ループにハマっている感じがする時もあります。

「(しんどい)仕事をやり切るために勉強会へ参加する」みたいな。
もちろんこういう方は少ないよ!ってのであれば嬉しいことですが…。

一方、自分はどうだろうか?と考えてみました。「勉強会で話したいために仕事で(改善も含めて)楽しんでガンバル」が自分のスタイルかなぁと。
自分にとって(会社での)仕事で改善を意識し続けてやっている源泉の1つに「(自分が経験して学んだ)アウトプットを話したい」というのがあります。
もっと言うと、それを伝えた人からの(良い悪い関係なく)フィードバックを得て、もっと良いモノにしていきたいです(そして、それを共有したい)。
さらにさらに言うと、自分と同じようなことに(不必要に)悩まず、はまらず、本来やりたいことにリソースを集中して、より良い仕事ができるようになれば…と思っています。

そのためには、(当たり前ですが)上っ面をなぞるようなことでなく、自分が腹落ちしていることを言いたいわけです。
腹落ちしていなくて、自分が悩んでいてもっと意見を聞きたい場合は、正直に伝えるようにしています。

(自分で腹落ちするために)漠然とするのでなく、工夫や改善を意識して、「何か伝えるエッセンスがないか?」ということも意識しながらやっているわけです(いつもってわけではないですが)。

勉強会やセミナーなどでよく話されるスピーカーの皆さんの(話す)源泉ってどんなんだろうって気になります。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo on Visual Hunt