サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

マルチスレッド

投稿日:2007年2月3日 更新日:


仕事の振り方が下手な人がいます。
「自分」しかその仕事が出来ないわけでもないのに、それを抱え込んでしまい、気付いた時には「両手いっぱいに仕事という名のボールを抱えて」いっぱいいっぱいになっています。

A,B,Cの3つの仕事があります。
Aは自分以外でも出来る仕事です。ただ事前調査は自分がする必要があります。
一方、B,Cは自分しか出来ない仕事です。

(もちろん優先度もありますが)ここで、BやCを先に手をつけてしまうと、自分以外の人に頼む必要のあるAの着手時期が遅れ、その(頼む)人を手待ちにさせてしまいます。
そうならないように、Aの事前調査を自分で行い、その人に頼んでから、B,Cを自分で着手するようにします。
こうすると自分とその人の2人が同時に動く事になり、結果、A,B,Cの3つのトータル工数は少なくて済みます(現実はそんな割り切れないにしても…)。

ある程度仕事をこなすと分かるような気がするのですが、なかなかハッキリと意識している人は多くない気がします。
…というか、多くの仕事をこなそうとすればするほどをこれをしないとどんどん自分が動けなくなって行くのですが(苦笑)。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo via Visual Hunt

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕様を縦断する視点、横断する視点

外部設計や内部設計なんかの色々なレビューをしているうちにふと思ったことです。 レビューやインスペクションは画面単位(もしくは単機能を構成する複数画面)で行うことが多くなります。 そこではある要求仕様が …

新しいチームリーダーのことを社内SNSで知った

12月頭に全社横断的に(主に開発工程の)生産性向上をミッションとする部門に異動になりました。 で、「まずは顔合わせを…」ということになりました。 新しいチームで一緒になるチームリーダー(上司)は分かっ …

徹底することの難しさ

やり方の改善や新手法を取り入れることがあります。 例えば今までの設計手法を「品質の向上を目的として、今度はこういう手法、方法をやってみよう…」等という時です。 顕在/潜在的問題点に対し解決方法を考え、 …

ペアプログラミング―エンジニアとしての指南書[読書感想]

ペアプログラミング―エンジニアとしての指南書 著者:Laurie Williams, Robert Kessler 翻訳:長瀬 嘉秀, 今野 睦, テクノロジックアート 今の小規模プロジェクトで、ペア …

昔は良かった?

年上の人と話すと、割と誰しもが感じる「昔は~だった」について、「自分もこうなったらあかんな」と自戒を込めて書きます。 年上の方と話していると、時々「昔は…だった」という話が出てきます。 昔の話を聞ける …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。