サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 書籍

最高のプレゼンテーション―心をつかむ見せ方、話し方[読書感想]

投稿日:2008年2月10日 更新日:


最高のプレゼンテーション―心をつかむ見せ方、話し方

プレゼン = 「パワポ(PowerPoint)を作らな!!」+「本番でのしゃべり!」となるのがだいたいの感じだと思いますが、この本はプレゼン = (構成の善し悪しももちろん)始まる前の準備、心構え、そして始まってからの参加者との関係が大事ですよ。
ってことを著者の数多くの経験をかなり具体的に書いています。

◆目次
1 勝負は壇に上がる前に、すでにはじまっている
2 最初の3分間で参加者の心をつかめ
3 テーマをわかりやすく伝えるスキル―「りんごの木のアプローチ」
4 プレゼンを面白くする13の方法
5 参加者に活動してもらうやり方
6 「見せる」技術を磨く―ハイテクかローテクか
7 配布資料の作り方と活用方法
8 身だしなみのチェック
9 プレゼンに成功する7つの条件
10 役員等を対象にしたプレゼンの場合
11 プロが伝授するプレゼンの秘訣
12 プレゼンの成果を測る5つの評価法

海外の翻訳なので、アドバイスの中には「日本人向けでは無いやろ?」的なのもありますが、目的を理解した上でアレンジすれば使えるレベルです。
書いていることは特別難しくありません。
ただ実際に「十分準備とその心構えをしているか?」と問われると…。

資料をバサッと配り、プロジェクターにも映して、それを読み上げるだけのプレゼンもあります。
それなら資料を配ればいいだけで、(この本にも書いているように)私ならサラッと目を通して「あ、この資料を読むだけやな」と分かると別の考えごとをしたり、許されるなら席を立ってしまうかもしれません(失礼なことですが)。

私が特に気に入った内容は以下です。

1:最初の3分間でWIIFM(What’s in it for me) = 自分(参加者)にとって役立つことは何かを提示する。

「この人の話を聞けば自分は何が得なのだろう?」と聴衆に興味を持たせる(そして持続させる)ことが大事です。
そうしてもらわないといくら内容が良くてもそこまで辿り着いてもらえないわけですから。

2:繰り返しで強調する。

大事なことは繰り返し言うというものです。

私がプレゼンをする際に気をつけている大事なことの1つは「(今から伝えることに)自分が自信を持っているか?」ということです。
提案、調査報告、新製品の紹介でも、自信を持って「こうです!」と思えなかったり、「どこかウソっぽいよな」とか思っているなら、その気持ちは聞き手に伝わってしまうものだと思います。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo credit: The U.S. Army via Visualhunt.com / CC BY

-旧館より, 書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「お世話になりました」エントリを見るのはツライものです

所属している組織はそれなりの規模なこともあり、毎月何人かが去っていきます。 社内SNSを使っている人は(人事異動の連絡が出る前に)自分で「お世話になりました。」エントリを書いていく方がちょくちょくいる …

【引継ぎ】タスクへの考え

 『トラックナンバー』について以前書きました。 そのトラックナンバーを意識して取り入れたプロジェクトの効果に『引継ぎタスクをスムーズにできた』というのがあります。 ほとんどのプロジェクトでは、後工程に …

継続的な受付窓口って必要

ふとあるミーティングで熱く議論した後に思ったことです。 色々な組織レベルで、「会社を活性化するには?」とか「売上を伸ばすにはどうしたら良いか?」という類のアイデア出しやブレーンストーミングを目的とする …

テスト工程

…とは言っても、学校の「期末試験」でなく、システム開発での「テスト工程」のことです。 今のプロジェクトが、そろそろお客様先での結合テストに入る…と、スケジュール上なっています。 しかし現実は単体テスト …

テーブル設計の指針(備忘録)

最近、DB設計やデータモデリング等のDB周辺について集中して触れることがあったのでテーブル設計における指針を備忘録として書いておきます。 サロゲートキーとナチュラルキー 主キーの設定時に大きく2つの設 …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。