サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

ソフトウェア開発 旧館より 書籍

ペアプログラミング―エンジニアとしての指南書[読書感想]

投稿日:2008年5月12日 更新日:


ペアプログラミング―エンジニアとしての指南書
著者:Laurie Williams, Robert Kessler
翻訳:長瀬 嘉秀, 今野 睦, テクノロジックアート

今の小規模プロジェクトで、ペアプログラミングをしていました。
2人チームだったので常に同じペアでしたが、たくさんのメリット(と少しのデメリット)がありました。
#その辺りの話は別エントリで書きます。

そのペアプロ関連でこの本を手に取りました。

◆目次
第1部 理解の習得
(ペアプログラミングの7つの神話、ペアプログラミングの7つの相乗的な方法 ほか)
第2部 ペアプログラミングの開始
(オフィスレイアウト、ペアローテーション:コミュニケーション、ナレッジマネジメント、トレーニング ほか)
第3部 ペアプログラミングパートナー選択の原則
(専門家‐専門家のペア、専門家‐平均的なペア ほか)
第4部 ソフトウェア開発プロセスにおけるペアプログラミングのケーススタディ
(ソフトウェア開発プロセスケーススタディにおけるペアプログラミング:XP、
ソフトウェアケーススタディにおけるペアプログラミング:CSP)
第5部 おわりに(前進、限界の超越、有能なペアプログラマの7つの習慣 ほか)

翻訳ものですが、割と読みやすく感じました。

第1部は、いざ「ペアプロをしたい!」と思った時に、たいがい出てくる(上司、同僚、チームからの懐疑的な)意見と、それに対する対策や反論が、具体的な数字も含めて書かれています。
数字だけで導入を決定付ける根拠にはなりませんが、興味深い内容と思います。

第2部では、いざペアプロした時に、よりそのメリット引き出すにはどうしたら良いかが書かれています。

第3部では、色々なペア(経験豊かなPG-新米PG、内向的なPG-外向的なPG…etc)のケーススタディがユーモアを交え書かれています。
#典型的日本人同士でどうなるかも考察してみたいです。

どの章も、理論や方法論だけでなく、実際に著者の経験を元に書かれているようです。
最初に書いた今のプロジェクトでペアプロする前には「へぇ~、こんなもんかぁ~」で終わっていましたが、2度目はペアプロの最中に読んだので「そうそう!!これこれ!!」とものすごく共感できることが多く、「次も是非ペアプロでやってみたい」となりました。

ペアプロはそのやり方故にかなり食わず嫌いされている印象があります。
もちろん全てにおいて「ペアプロ万歳!」ではありませんが、「ペアプログラミング」はもっと評価されても良いアプローチと思います。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo credit: Menlo Innovations via VisualHunt.com / CC BY

-ソフトウェア開発, 旧館より, 書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ[読書感想]

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ 著者:横田 尚哉 問題解決がテーマの本は色々読みましたが、その中でも良書の部類に入ると思います。 ポイント …

当事者以外へのフォローも大事

ある問合せのメールを読んでいて「当事者以外への報知も大事だなぁ」と改めて思いました。 経緯はこんな感じです。 ある社内システム担当チームから、それらを使っている現場の担当者の面々に「近々システムが切り …

会社を移ることになりました

2012年6月末で会社を移ることになりました。 (何度か転職をしているのですが)今のところ、社会人経験の中で一番長く所属していた会社になっていました。 思い出1:Rubyとの出会い 入社後しばらくして …

問題対私達の構図

システム開発プロジェクト…特にユーザテストなど終盤…で、ユーザから届くイヤな声の1つに「○○機能が想定と違います。Aという動きではなく、Bが(想定される)正しい動きです」というのがあります。 #ここで …

勝手に親近感

Twitterや社内SNSなどで、「実際に会った」ことも「直接話した」こともない…けれど、その考え方やアクション、マインドにすごく共感したりする方々がいます。 その中には「こんな方を目標にしたい!」と …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。