サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

自己紹介の目的

投稿日:2009年8月11日 更新日:


#参考記事:「自己紹介で確実に名前を覚えてもらう方法」@誠 Biz.ID

自分なりに考えてみると…「自己紹介を通じてこの人(=された側にとっては新しく知った人)は自分にとってどのように影響を与えてくれるだろう?」もっと端的に言うと(ソース元の記事にもあるように)自分の役にどのような点で立つか?」と無意識に思っています。特に最近は限られた時間の中のこと、余計にそういう意識が立っているように思います。
#文章にするとすごくドライで、冷たい感じがしますが…。

そういう点を意識すると「名乗り+よろしくお願いします。」という自己紹介ではお互いもったいないような気がします。
自分を売り込むチャンス、また、相手を知ることで自分の状況を変えることができるチャンスなのに…と思ってしまいます。

ソース元にもあるような自己紹介をした人は、やはり片隅に引っかかっています。で、何かの拍子に「あ、このキーワード…あの人が自己紹介で言っていたなぁ、声かけてみよう」となるわけです。

自己紹介の時に1つ位は「○○なら任せて!」と言えるようなもの…TPOによって言える「1つ位のもの」は変わると思いますが…を用意しておくように、引き出しの数、そしてその引き出しの中身を高いレベルにできるよう心がけたいものです。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Tyler Mullins

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分のテンションを維持する方法

コンピュータは基本的に調子の波がなく、いつでもいつまでも同じポテンシャルを発揮してくれます。 #CPU100%は「調子が悪くポテンシャルが低い」と表現できますが、ここではそんなことを言いたいのではなく …

「Q&Aビンゴ」アクティビティ

(時期を逃した感がありますが)、新しくできたグループなど、あまり知らない人同士が集まった宴会で使えるアクティビティです。 「Q&Aビンゴ」 ビンゴの数字を(「くじ」ではなく)「質問に該当する人 …

プロジェクト完了報告書の問題

プロジェクト完了報告書 昔のいたある会社に「プロジェクト完了報告書」というドキュメントがありました。 「そのプロジェクトで得られた教訓を(自分も含めた)組織の別のプロジェクトの改善につなげる」ために作 …

新しいチームリーダーのことを社内SNSで知った

12月頭に全社横断的に(主に開発工程の)生産性向上をミッションとする部門に異動になりました。 で、「まずは顔合わせを…」ということになりました。 新しいチームで一緒になるチームリーダー(上司)は分かっ …

Jenkinsさんと気軽に友達になってみませんか?

今のチームではこちらのエントリにも書いたように「Jenkinsさん」はチームの一員・・・と言うほど、色々なことをしてもらっています。 使い始めるのは簡単だけど… 一方、社内でJenkinsのセミナーな …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。