サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

仕事のやり方 旧館より

ワークフローシステムが意味がない時

投稿日:2010年1月10日 更新日:


社内にあるワークフローシステムを使って事務処理をしていた時にふと思ったことです。

例えば、開発プロジェクトでサーバなどのハードウェア器機を調達する必要が出てきたとします。
それは、当然個人で買うわけでなく、プロジェクトの予算…部門、ひいては会社のお金…で買うのですが、その際に直属の上司を初め、経理などの関係部署の承認を得る必要があります。

その承認を得る人/組織の立場によって見るべき観点も違ってきます。
例えばプロジェクトマネージャであれば「このPJにおいて、それが必要か?他に代替できる術はないか?」と、部門長であれば「他のPJ(部門全体の予算)との兼ね合いで大丈夫か?」はたまた、経理部門であれば「その見積方法、金額妥当か?(経理の)手続き上、不備がないか?」などなどです。

そのため、、承認を依頼した結果が…「プロジェクトマネージャ視点では承認だが、経理的には(金額が妥当でないので)否認になった」というのは分かります。

でも、明らかな誤字/脱字、論理的におかしい理由が記述された承認依頼を最初の承認者の承認後、上位の承認者から、「(誤字/脱字による)否認」をされるような状況は「その最初の承認者は何をチェックしていたん?ちゃんと見ていた??」と思うわけです。

(複数の承認者による)ダブルチェックが働いている証拠でもありますが、一方で「闇雲に承認してるだけなら意味がないよなぁ」と思ったわけです。
#承認する側の立場の「誤字/脱字レベルは申請者がキチッとしれくるのが当たり前だろ」と言うのも分かりますが…

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo credit: sachac via VisualHunt / CC BY

-仕事のやり方, 旧館より

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

同姓同名がいることを想定する

あるサービスについて、メールで問合せた時の話です。 その返答には「××についてのお問い合わせは○○部の木村(仮)にまで」とありました。 この名字しか記述がなかった部分に「?」と思いました。 同じ部署に …

文書化の指針

以前の「未来の自分を信頼し過ぎない」ことを書きました。 とはいうものの、何でもかんでもドキュメント化するのではなく、いくつかの要因(例として必要度合い)から判断して作るか決めれば…とも書きました。 私 …

エンジニアの特徴って高い「知的好奇心」

以前「お医者さん」だって全部の病気を知らないでしょ?で書いた「(知らないアプリケーションについて)頑張ればそれなりに答えれる事もありますがそれをしない理由」(ややこしい言い方)を自分なりに書きます。 …

自分憲法

#ソース元は「一生かけて取り組むべきものが分かる“自分憲法”の作り方」です。 自分のことを考えてみると「楽しく、成長しながら仕事をする」というのがそれと思っています。 #この「自分憲法」の考え方は、( …

仕様を縦断する視点、横断する視点

外部設計や内部設計なんかの色々なレビューをしているうちにふと思ったことです。 レビューやインスペクションは画面単位(もしくは単機能を構成する複数画面)で行うことが多くなります。 そこではある要求仕様が …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。