サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

チームビルディング 旧館より

「今年の漢字は?来年の漢字は?」アクティビティ

投稿日:2010年12月25日 更新日:


先日、所属組織の忘年会でちょっとしたイベント?ゲーム?をしたので紹介します。
メンバーによりますが、2時間ダラダラ話したり、若手が(半ば押し付けられる形で)芸をしてお茶を濁すような宴会は、あまり好きではないので、こういう何かをやってみようと思うわけです。

「今年の漢字は?来年の漢字は?」

毎年、この時期に京都の清水寺で「今年の漢字」が発表されます。
※Wikipediaよる解説はこちら
2010年は「暑」だったそうです。

それを真似て、それぞれにとっての「今年の漢字」を書いて発表してもらいました。
忘年会ですから、今年をふりかえるだけでも良いのですが、せっかくなので「来年はこんな感じの漢字にしたい!」と目標、決意表明的なものもやってみましょうということでやってみました。

準備するもの

B5~A4サイズの人数分の厚紙とペン。
厚紙は色紙などの方が雰囲気が出て良いです。

やり方

簡単です。厚紙を半分に区切ってそれぞれ一文字書いて、みんな順番に発表していくだけです。
書かずに発表するだけでも良いですが、厚紙に書いてジャン!と、それを掲げながら発表する方が演出効果があると思います。

やってみて

10人近くで、2文字ずつの計20文字書いたのですが、被った漢字は1つだけでした。
年齢やチームがだいぶ違うとは言え、それぞれ感じ方が違うなぁという感じで、発表を聞いてさらに「へぇ~そうだったんだぁ」と思うことも多々ありました。

ちなみに私は今年は「龍」で来年は「親」でした。

新年会でも使えるアクティビティですので試してみてはいかがでしょうか?

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo by Prayitno / Thank you for (12 millions +) view on Visual hunt / CC BY

-チームビルディング, 旧館より

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

教えてもらう、教える時に気をつけていること

仕事やバレーで教えてもらったり、教える(そこまでいかなくてもアドバイスする)ことが、ちょくちょくあります。 ↓は自分が教える = 伝え手の場合に気をつけていることです。 1:論理や順序の飛躍をしない …

SCRUM BOOT CAMP THE BOOKを読みました

「SCRUM BOOT CAMP THE BOOKはいい本です!マネージャーも開発者もみんな読んでみてください!」で終わらせようと思ったら・・・ @yohhatu それでもいいけどw もうちょっとww …

文章の揺らぎ

どんな職種でもそうですが、ことSEになると「他者に意図を過不足なく伝える」資料(文章、図形問わず)を書くことが多くなります。 ここで言う他者とはお客様・・・この場合は提案書や要件定義書・・・の場合もあ …

BugReport

テストにおけるバグレポートの書き方

あるプロジェクトで「テスト工程の管理全般」が大きなミッションとしてありました。 具体的には、テスターが起票したバグレポートを確認し、「する/しない」「するのであれば、いつまでにどのチームがやるか」など …

嬉しい言葉「また一緒に仕事をしたいですね」

「またこのチームの皆さんと一緒にプロジェクトをしたいですね!」 システムのカットオーバーを無事に迎えたプロジェクトの打ち上げで、クライアントからこんな言葉をもらえるとすごく嬉しいものです。 こういう言 …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。