サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

日常 旧館より

勝手に親近感

投稿日:2011年4月10日 更新日:


Twitterや社内SNSなどで、「実際に会った」ことも「直接話した」こともない…けれど、その考え方やアクション、マインドにすごく共感したりする方々がいます。
その中には「こんな方を目標にしたい!」とか「会って実際に議論/仕事したい」とまでなる方もいます。

そうなると自然と(会ったこともないけど)親近感を芽生えてきます。
こんな状態を「勝手に親近感」て呼んでいます(笑)。

で、色々な縁があって、実際に会った時にはその親近感を土台にして、会ったこともないけれど旧知の間柄のように話が弾むことができます。
ここ2ヶ月程、これまで「勝手に親近感」を持っていた方々と立て続けに会う機会があって「やっぱりお話できて良かった~」と思いました。

もちろん家族や普段仕事を一緒にするチーム内の人間関係も大事ですが、色々な人と知り合うことができる環境にあるのですから、それを利用して見識を広めるのも良いと思います。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo on Visualhunt

-日常, 旧館より

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BugReport

テストにおけるバグレポートの書き方

あるプロジェクトで「テスト工程の管理全般」が大きなミッションとしてありました。 具体的には、テスターが起票したバグレポートを確認し、「する/しない」「するのであれば、いつまでにどのチームがやるか」など …

えらくなっていきたいか?

ずいぶん前に書いたまま放置していたのを(ちょっと書き足して)アップします。 組織において「えらくなっていきたいか?」という話です。 えらくなりたいか?の問いに対して 一時期「昇格/昇級したいか?」とい …

自発的に動いた人が損しない仕組み作り

危機意識を持って…もしくは思いつきで…、トップダウンの形で「組織風土を改善し、より強固にしよう」とか「ノウハウを共有して、ビジネスの力にしよう」という話が降りてくることがあります。 (トップから命令さ …

ドキュメントを書くために気をつけていること

#ソース元は「誰にでも伝わるSEのための文章術-第6回 読みやすい文章の極意は「修飾語」にあり」です。 「あぁ、そうやなぁ」と思うようなことが、分かりやすい例とともに記述されています。 今まで書いたド …

ワークフローシステムが意味がない時

社内にあるワークフローシステムを使って事務処理をしていた時にふと思ったことです。 例えば、開発プロジェクトでサーバなどのハードウェア器機を調達する必要が出てきたとします。 それは、当然個人で買うわけで …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。