サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

書籍

ビジネスモデルを見える化する ピクト図解

投稿日:2013年1月18日 更新日:


ビジネスモデルを見える化する ピクト図解

少し古い本ですが、冒頭の例とその説明が分かりやすくて、一気に読みました。

冒頭の例

1:デジタルカメラ・電動ハブラシ・ヘアドライヤー・インクジェットプリンタ・ヘルスメーター・パソコン・・・カテゴリーが異なる商品の中で「儲ける仕組み」が同じなのはどれか?
2:Hanako・Goo・赤すぐ・週間少年マガジン・・・どれも雑誌だが、「儲ける仕組み」が微妙に違う。どのように違うか?

「ピクト図解」とは?

・「ビジネスモデルを見える化する」ツール
・1枚の図に「3W1H」をまとめる
 ※3W1H:「誰が(Who)」「誰に(Whom)」「何を(What)」「いくらで(How much)」
・オブジェクトは3つのエレメント、2つのコネクタ、2つのオプションとシンプル
・3つのメリット

1:”経営者の視点”を手に入れられる
2:説明不要で誰とでも共有できる
3:画像パターンを応用してアイデア発想ができる

#本書後半では、ピクト図解を応用した発想法として「ダイアグラム発想法」「アナロジー発想法」も紹介して、これも興味深いです。
 

読書メモ

・似たように見えてもそれぞれビジネスモデルが違う。
 また(一見売っている物や業界自体が)違って見えても(ピクト図の上では)同じようなビジネスモデルもある。そのビジネスモデルを見抜くことが大事。

・代表的な8つのビジネスモデル。
・いくつかの企業のビジネスモデルの話が出ているが、どの例も分かりやすいし、「なるほど、そうか」と思うのが多かった。(ユニクロのフリースの話、土間土間のメニューの話、アスクルの事業発展の話)

自分やお客様のビジネスをピクト図に描いていくのは割と費用対効果が良いと感じた。
 実際に自分の組織や考えているのを描いて、眺めて、色々いじっているといくつかアイデアが出てきたし。
 本格的な業務コンサルタントでなくても、このレベルのお客様のビジネスモデルを知っていることは損にならないし、知っておかないと”御用聞き”から抜け出せないかと。

・「めざすゴールによって、選ぶべきビジネスモデルは変わる」というのは当たり前なんだけど、「ビジネスモデルを考える」ことだけが目的になりがちなので、いつも意識しよう。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo via Visualhunt.com

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事が10倍速くなる最強の図解術[読書感想]

仕事が10倍速くなる最強の図解術 報告書やプレゼン資料を作成する際に、図解化することで抜けや漏れが無いか(MECE)、また説得力のある論理構成になっているか?を確認し、質の良いものを造り出しましょうと …

「アジャイルコーチの道具箱 – 見える化実例集」を読んだ

「アジャイルコーチの道具箱 – 見える化実例集」を読みました。 ギルドワークスで現場コーチとして、様々な現場がアジャイルな開発をうまくやれるような支援、現場の改善や見える化をしている自分としてはとても …

コンサルタントの道具箱[読書感想]

コンサルタントの道具箱 (本棚を整理していて)久しぶりに読み返してみた本です。 数年前にこの本を買った時は、そこまでしっくりこなかったように思います。 ですが、今の自分が読み返して「あぁそういうことか …

アジャイル開発の本質とスケールアップ 変化に強い大規模開発を成功させる14のベストプラクティス[読書感想]

アジャイル開発の本質とスケールアップ 変化に強い大規模開発を成功させる14のベストプラクティス (IT Architects’ Archive) 2011年最初に読んだ本です。 300ページほどの大型 …

SCRUM BOOT CAMP THE BOOKを読みました

「SCRUM BOOT CAMP THE BOOKはいい本です!マネージャーも開発者もみんな読んでみてください!」で終わらせようと思ったら・・・ @yohhatu それでもいいけどw もうちょっとww …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。