サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

愚痴を言うよりも何か行動を起こす方が精神衛生上良いと思う

投稿日:2006年11月25日 更新日:


 飲み会の席で上司や会社の愚痴を言う人がいます。
 愚痴はストレス発散の効果もあるでしょうから全面的に悪いとは思いません。

 ただ改善の見られない愚痴(それは既に愚痴では無いかもしれませんが)を聞いているとあまり良い気分はしません。

 そこまで思うところがあるならば上司に提案するなり、自分で行動してその愚痴となっている原因を変えていけば良いのではないか?と思います。

 それが出来ない人は「外部からの批評者」であり、何をどう変えて…例え理想的な環境を用意したとして…も、また新たな愚痴を言うだけになるでしょう。

 何事もそうですが、特に会社、仕事等に完璧な環境、状況は無いと思います。
 だからと言って、その状況を嘆き愚痴を言うだけで無く、少しでもその理想に近づけるように行動することが大事なのでは?と思います。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

※アイキャッチ画像:https://visualhunt.com/photo/15386/man-with-can-and-drinking-straw/

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プロジェクトにおける「割れ窓理論」

環境犯罪学上の理論に「割れ窓理論」というのがあります。 「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」(Wikipediaより) 有 …

Jenkinsさんと気軽に友達になってみませんか?

今のチームではこちらのエントリにも書いたように「Jenkinsさん」はチームの一員・・・と言うほど、色々なことをしてもらっています。 使い始めるのは簡単だけど… 一方、社内でJenkinsのセミナーな …

未来の自分を信頼し過ぎない

プログラミングにおいて他者のことを考えて「分かりやすいコードを書きましょう」「適切なコメントをつけましょう」というのは基本的なことです。 この「他者」には、そう遠くない「未来の自分」も含まれています。 …

「お医者さん」だって全部の病気を知らないでしょ?

仕事、プライベート問わず「パソコンの事」を質問されると結構困ります。 自分の知っている/使っているアプリケーション、OSに関する質問であれば、それなりに答えられます。 もし、答えが分からなくても、(経 …

日常の意思決定にも使えるかも…狩野分析法

http://d.hatena.ne.jp/masayang/20071213/1197534511にて狩野分析法というものが紹介されていました。 「Agile開発で~」と書かれていますが、Agile …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。