サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

できるだけ文字を打たないことでミスを少なくする

投稿日:2007年4月1日 更新日:


文章やプログラムを書く時に効率性や質の向上の為に自分なりのルールや注意していることがあります。
1つは前に書いた文章の揺らぎです。
もう1つは低レベルな話ですが「出来るだけ文字を打たない」ことです。

要件定義書や設計書等では同じ単語や文言(例:「発注処理」「社員マスタ」)が至る所に書かれます。

それを毎回キーボードで打っていると「発注処理」が「”はっちゅ”処理」に、「社員マスタ」が「社員マス”ラ”」になる事があります。
誤字ならマシですが、「発注処理」が「発注行為」「注文処理」、「社員マスタ」が「M_社員」「従業員マスタ」になると”文章の揺らぎ”で読者の理解力を著しく試す文章になったりします(苦笑)。

これを防ぐ為に一度その単語なり文言を書いた場合は可能な限りコピーして使って(Excelなら参照機能を使うのもアリ)打ち間違いや誤解を生む可能性を少なく出来ると思います。
最初に書き間違い(打ち間違い)をしていたら目も当てられませんが…(苦笑)

ちなみにWindows標準クリップボードは1つしか値を格納出来ませんが、クリップボード系ユーティリティ(私はCLCL)等を使えば、結構マジメに仕事効率が上がります(というか私が使うPCにはデフォルトで入っています)。

色々書きましたが、常に効率性を求められる中で出来るだけしょうもないミスや手戻りは減らして、みんな幸せな良い仕事をしようねってことです。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo via VisualHunt.com

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日常の意思決定にも使えるかも…狩野分析法

http://d.hatena.ne.jp/masayang/20071213/1197534511にて狩野分析法というものが紹介されていました。 「Agile開発で~」と書かれていますが、Agile …

こんなPMOはいらない

私のキャリアの中に、数年ですがPMO(Project Management Office)的な経験があります。 #PMOの役割や定義も組織においてまちまちなのですが…。 当時はそういう組織がなかったの …

会議の費用対効果

IDEA*IDEAのミーティングで使えるちょっとした話法いろいろを読んで会議の費用対効果について考えたことです。 会議の目的 一口に会議といっても、色々な種類や目的があります。 1:ディスカッションや …

プロジェクトの種々なこと

「プロジェクト」を、前職ではPMO(プロジェクトマネジメントオフィス)的に外から、そして現職で逆に一員として内から見て…と異なる視点を経験しました。その中で感じたことをつらつらと書いてみます。 1:全 …

経験値の絞り方

同年代なのに驚く程、人間的器や知識、考え方の成熟度合いに驚く人もいれば、いくら年上でも「なんだろうなぁ」と思う人もいます。 また若手技術者(技術者に限った話ではありませんが)を見る時にも同じようなこと …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。