サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

社内システムは自分で作りましょうよ

投稿日:2010年2月13日 更新日:


SIerでは社内(情報)システムを自分達で作らない…内製しない…ことが多いのでしょうか?

「××社内システムの再構築の件ですが、○○ベンダーさんに発注することになりました」と報告を聞いていて、冒頭のことを思いました。
「自分達で作ることもできるけど」外部ベンダーに頼んだ方がQCDをクリアできる…という意思決定であれば良いのですが。

個人的には、できる限り自分達で作った方が良いだろうと思っています。
 この不況なので社内リソースが余っていることが多いです。
#社内リソース=開発できるリソースかはまた別ですが…。

また、お客様が社内ならではのメリットを活かすことができると思います。
新技術を適用したり、方法論、生産性向上の施策などまだまだシステム開発において、工夫できる余地はたくさんあります。それらをいきなり外部のお客様に提案するのに比べ、リスクは低く済むと思います。
#余談ですが、新技術や方法論などを実プロジェクトで使わずに研究、調査するアプローチもありますが、机上の空論になりがちかなぁと思います。

また人材教育という面でも、要件定義や基本設計、アーキテクチャ設計などを経験させたいメンバーをアサインする機会も持てます。

一方、発注者の立場を経験することも大きなことかと思います。
ここでいう発注者も本来は外のお客様向けにシステム開発、提案をしているわけです。
そのため、発注者の立場を経験することで、資料の書き方からネゴシエーションなどを理解、経験するチャンスがあります。

次は感覚的なものですが、実際に使うユーザも自分達(もしくは同僚)が作っているので愛着もあると思いますし、自分達が作っているので、機能追加や要望に対しても比較して軽いフットワークで動けます。

最近、持っている危機感として「SIerなのに(自分達が使う)社内システムを作れない」があって、そんな状況なのに「お客様にSIerとしてシステムの提案をしている」というのはどうかと思うわけです。
#もちろん、ちゃんと自分達で社内システムを作り、それを外部向けビジネスまで発展させているチームもあります。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Markus Spiske

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

個人目標をオープンにするのってどうでしょうか

組織の目標とは別に、個人も目標を立てて、定期的…半期に1度など…にそれを評価する仕組みになっています。 目標の例として「○○PJのリリース日を遅延しない」「情報処理試験に合格する」や「○○という技術に …

情報を伝える際に気をつけていること

プロジェクトメンバーなどに何か情報を伝える際に私が気をつけていることの1つに「情報は(自分が思っているよりも)多めに伝える」があります。 伝達する情報は過不足ないことが理想です。 とは言うものの、この …

マルチスレッド

仕事の振り方が下手な人がいます。 「自分」しかその仕事が出来ないわけでもないのに、それを抱え込んでしまい、気付いた時には「両手いっぱいに仕事という名のボールを抱えて」いっぱいいっぱいになっています。 …

朝早く仕事に取りかかるメリット

以前エントリ「自分のテンションを維持する方法」で「朝早く出社する」ことを書きました。 これを少し詳しく自分なりに考えてみました。 まずはやはり朝早くの時間帯は静かで本当に集中できます。電話ももちろん話 …

聖人君子はムリでも…

街中で見かけた光景で、ふと思ったことです。 車通りも滅多にない幅の狭い道路、でも信号と横断歩道はあります。 さて、徒歩or自転車でその道路を渡ろうとします(車は影も形もありません)。 が、横断歩道の信 …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。