サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

日常 旧館より 考え方

発表資料に対する責任

投稿日:2010年2月12日 更新日:


関係者が順々にプレゼンしていくある会議での出来事です。

ある発表者が冒頭で「え~、これから××についてご説明いたします。が…この資料、私が書いたものでないので、詳細な質問はご容赦ください…」というようなことを言い出したのです。
社内の会議でしたが、「なんだかなぁ~」としばし呆然となってしまいました。

資料の書き手が自分以外であっても、発表者がその責任を持つべきだと思いますし、聞く側も(書き手ではなく)発表者に質問をするものです。
#発表者とその資料に対する責任者が明確になっていれば、その限りではありませんが。

(資料が出来上がるのが遅かったなど)色々と理由はあるのかもしれませんが、発表者は発表内容、資料内容を理解して、想定される質問とそれに対する回答…その回答の妥当性も含めて…などはしておきたいところです。
そんな状況ですので、受け手も質問する気がなくなります。
しどろもどろな受け答えで回答になっていない、回答できても(資料に対する責任を持っていないので)責任ある回答ではなく、意味がなかったりします。

「あぁ、この会議のコスト…これだけの人数に時間かぁ…これくらいやなぁ。こんな発表でそれだけの成果が出せるんかなぁ」なんてことを思ってしまいました。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

-日常, 旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Jenkinsさんと気軽に友達になってみませんか?

今のチームではこちらのエントリにも書いたように「Jenkinsさん」はチームの一員・・・と言うほど、色々なことをしてもらっています。 使い始めるのは簡単だけど… 一方、社内でJenkinsのセミナーな …

「ホウレンソウ」のレベル

先月…7月初旬から新人が配属になりました(それまでは3ヶ月の集合研修)。 それをきっかけにして、ふと過去に新人のOJT担当だった時に書き留めていたメモを書いてみます。 「ホウレンソウ」…報告・連絡・相 …

社内研修で思うこと

社内研修における受講者、講師について思ったことです。 社内研修には(自分から手を挙げる以外に)「3年目だから」や「主任だから」というキャリアによって必須のもの、また部長などが推薦するものがります。 い …

2016年のふりかえり

2016年をふりかえってみます。 DevLOVE関西のことは2016年前半のDevLOVE関西の活動記録と2016年後半のDevLOVE関西の活動記録に書いています。 2016年の目標はどうだったか? …

「お世話になりました」エントリを見るのはツライものです

所属している組織はそれなりの規模なこともあり、毎月何人かが去っていきます。 社内SNSを使っている人は(人事異動の連絡が出る前に)自分で「お世話になりました。」エントリを書いていく方がちょくちょくいる …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。