サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

仕事のやり方 旧館より

フレームワークの功罪

投稿日:2010年5月8日 更新日:


JavaにおけるStruts、RubyのRubyOnRailsのようにシステム開発のフレームワークは数多くあります。
#またその適用レイヤーもさまざまです。

最近のシステム開発では、全てをスクラッチでプログラムするのではなく、なにがしかのフレームワークを使い、それをベースにプログラミングすることが多くなっています。
フレームワークのメリットとしては…
1:(特性や習熟の容易さによりますが)短期間でそれなりのモノを作れる。
2:ルールに則って作るので、誰が(経験の浅い人も含めて)作っても同じようなソースコードになり保守性が高い。
3:用意されている機能を使うので(車輪の再開発をせずに済み)品質が高くなる。

…などがあります。

しかしこの便利なフレームワークのデメリットも当然あります。
「フレームワークのソースコードや思想、アーキテクチャを理解していなくもモノが作れてしまう」という点です。

順調に開発が進んでいる間は良いのですが…例えば、原因不明の挙動に悩まされたり、ちょっと込み入ったことをしたいなぁなどの場合に開発者(※フレームワークの本質を理解していない)から…
開発者:「(そこは)フレームワークがしているので、分かりません(無理です)」
…とか返ってくると、「う~む」と思ってしまいます。

とは言っても、フレームワークの適用メリットはとても大きいので、そういうデメリットをマネジメントしながら対応すればと思います。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Quino Al

-仕事のやり方, 旧館より

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「従業員」満足度調査

本人が望む、望まないは別として「顧客満足度調査」等のようなアンケートに答えたことが1回はあると思います。 その兄弟で「従業員満足度調査」なるものがあります。 「自分の会社にどれほど満足しているか1~5 …

「ドッグフードを食べる」意識

先日、あるSIerが発表したプレリリースを読んで、ふと思ったことです。 そのプレスリリースは「こういうソリューション提供できますよ。是非御社で使ってください」というものでした。 #エントリの本質とは関 …

最高のプレゼンテーション―心をつかむ見せ方、話し方[読書感想]

最高のプレゼンテーション―心をつかむ見せ方、話し方 プレゼン = 「パワポ(PowerPoint)を作らな!!」+「本番でのしゃべり!」となるのがだいたいの感じだと思いますが、この本はプレゼン = ( …

仕事が10倍速くなる最強の図解術[読書感想]

仕事が10倍速くなる最強の図解術 報告書やプレゼン資料を作成する際に、図解化することで抜けや漏れが無いか(MECE)、また説得力のある論理構成になっているか?を確認し、質の良いものを造り出しましょうと …

自発的に動いた人が損しない仕組み作り

危機意識を持って…もしくは思いつきで…、トップダウンの形で「組織風土を改善し、より強固にしよう」とか「ノウハウを共有して、ビジネスの力にしよう」という話が降りてくることがあります。 (トップから命令さ …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。