サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

個人目標をオープンにするのってどうでしょうか

投稿日:2010年7月10日 更新日:


組織の目標とは別に、個人も目標を立てて、定期的…半期に1度など…にそれを評価する仕組みになっています。

目標の例として「○○PJのリリース日を遅延しない」「情報処理試験に合格する」や「○○という技術について習熟し、チームに横展開する」などです。
一般に個人の目標は、当人と上司以外にはほぼオープンにされません。
この個人の目標は、私は(少なくとも)一緒のチームメンバーにはオープンにしても良いと思います。

チームメンバーにオープンにすることで「お、あいつは【あの目標】だから、こういう風にがんばっているんだな。」と行動の根拠が分かったりします。
また「○○を習得する」という目標を立てているメンバーには、チームの有識者が声をかけ、協力して目標達成を目指すということもできます。

そういう形を通じて、お互いの理解も深まるでしょうし、チームの一体感も強化されるかもしれません。
また、目標を立てた側も、周囲に宣言することで「やらなくっちゃ」という気持ちも強くなり、良い意味の相互監視的な面で、お互いのレベルアップができるかもしれません。

チーム力を上げるのは、なかなか難しいテーマの1つだと思います。
その点で、チーム力強化の1つのアプローチとして、相互理解を進めるこういうきっかけもありかもしれません。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo via Visualhunt.com

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

本の読み方

最近、新人~3年目くらいまでの若手に自分の「(勉強するための)本の読み方」の話をしたので、それを書いておきます。 私は幸い本を読んで勉強することに抵抗なく、新人時代から今までだいたい月1~2万円は書籍 …

愚痴を言うよりも何か行動を起こす方が精神衛生上良いと思う

 飲み会の席で上司や会社の愚痴を言う人がいます。  愚痴はストレス発散の効果もあるでしょうから全面的に悪いとは思いません。  ただ改善の見られない愚痴(それは既に愚痴では無いかもしれませんが)を聞いて …

フリカエリ

[仕事]「可視化」と「見える化」で書いた勉強会で、「朝会」と「見える化」ともう1つ「フリカエリ」について考えることがありました。 今のチーム(約2年)では原則、(Scrumの)イテレーション毎にフリカ …

仕事に対する心構え

(プロパー、パートナー問わず)始業ギリギリ(1,2分前)にバタバタと出社して来る人がけっこういます。 #フレックスの人は悠々~って感じですが。 始業時間になればすぐに仕事をするか?と言えばパソコンも起 …

社内読書会をやってみて

年末年始の小休止中&次の書籍を検討中ですが、社内で行っている「アジャイルサムライ読書会」のことです。 この社内読書会をやり始めたきっかけ やりはじめた経緯は(当時、同じ会社だった)@mah-labさん …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。