サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

仕事のやり方 旧館より

技術者の直感を信じてみては?

投稿日:2010年11月27日 更新日:


プロジェクト…特に詳細設計やプログラミングなど技術者がフル稼動する工程…において、経験豊かな技術者の直感が働くことがあるようです。
その直感とは「あ、(この仕様、実装は)このままではまずいのでは?」というものです。

ここでの「まずい」の意味は色々あります。
「(ロジックが複雑過ぎて)品質低下を招く」「仕様変更が大変」「そもそも仕様おかしくね?」なのか…ただ、とにかくなにか「まずい」と感じるわけです。
マーチン・ファウラーさんのリファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series)には「不吉な匂い」という言葉が出ていますが、これより少し感覚的なものかと思います。

ただ、その直感だけで、(技術経験の少ない)マネージャが納得する説明ができず、(対策が打てず)その「なにかまずい」が現実に起こることも残念ながらあります。
「技術経験の少ない」人がマネージャをしているのもどうかと思いますが。
マネージャからすると、定量的でもないですし、完全にロジカルな説明でもありません。ですので、そういう声に対して動きが鈍くなってしまいます。

とは言え、マネージャも顧客対応や要件定義などで「あ、これはまずい」と直感が働くシーンがあると思います。
なので、そういう技術者の直感、勘を信じてみるのもマネジメントの1つかと思います。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo by h.koppdelaney on Visual hunt / CC BY-ND

-仕事のやり方, 旧館より

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トラックナンバーを考える

プロジェクト上で強く意識するキーワードに「トラックナンバー」があります。 意味は「トラックに轢かれるとプロジェクトの遂行が困難になる最少の人数」です。 ※はてなキーワード #周りではあまり使われていま …

エンドユーザの声を知る大事さ

システム開発プロジェクトでは、それを実際に使うエンドユーザと接点があるかで、満足度を高くできる可能性が大きく変わると思います。 (プロジェクト規模にもよりますが)セキュリティ面やお客様内の情報システム …

できるだけ文字を打たないことでミスを少なくする

文章やプログラムを書く時に効率性や質の向上の為に自分なりのルールや注意していることがあります。 1つは前に書いた文章の揺らぎです。 もう1つは低レベルな話ですが「出来るだけ文字を打たない」ことです。 …

burn-down-chart

バーンダウンチャートの疑問を聞いてみた

先日社内勉強会で「バーンダウンチャート」について説明する機会がありました。 その際の資料として@ryuzeeさんの「[Agile]バーンダウンチャート虎の巻(資料公開)」を使わせてもらいました。 #@ …

新しいチームリーダーのことを社内SNSで知った

12月頭に全社横断的に(主に開発工程の)生産性向上をミッションとする部門に異動になりました。 で、「まずは顔合わせを…」ということになりました。 新しいチームで一緒になるチームリーダー(上司)は分かっ …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。