サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

人によって違う「ゆっくり」

投稿日:2011年8月31日 更新日:


お客様や同僚から言われる「この仕様をドキュメントにまとめてもらえますか?急いでいないので、”ゆっくり”で良いですよ」という言葉。
よくある会話ですが、この「ゆっくり」の捉え方によっては、ちょっと痛い目を見るかも知れません。

「ゆっくり」の違い

「ゆっくり」が具体的な時間、日にちでどれくらいなのかはその人、背景や依頼内容といった状況によって違ってきます。

その中で、依頼を受けた側は「ゆっくり」を”4日間”と思い込み、依頼を出した側は”今日中じゃなくても良いけど、明日くらい(2日間)”と考えていたとします。

この場合、2日後に依頼者は「ゆっくりとは言ったものの、ちょっと遅いなぁ」と気になり始めます。ゆっくりと依頼したため、「まだですか?」と催促しづらく、ひとりイライラすることもあるでしょう。

一方、依頼された側は、3日後に依頼を終えて返事をしたとします。その時、少しイライラして不満顔の依頼者を見て「あれ?ゆっくりで良かったんだよね?」とモヤモヤとした気分になります。
#また逆に、「あれ、そんなに早くなくて良かったのに…」と言われ、別の意味でモヤモヤすることもあるでしょう。

絶対的な物差しにする

人や状況によって違う「ゆっくり」という相対的な物差しを、「○日の△時」という絶対的な物差しにすれば良いだけです。

文字にすると単純なことですが、話の流れ、場の雰囲気によっては、何となく流してしまったり、聞くことができず、そのままになりがちです。それを放置していると、冒頭のようなすれ違いが起きてしまいます。

絶対的な物差しにする際、「いつまでですか!?」と反射的に尋ねるのではなく「○日までに返事しますが、問題無いですか?」と自分なりの見解を伝える工夫をします。
こうすると依頼した相手も「ちゃんと考えてくれている」と信頼し、安心することができます。

ちょっとした(心遣いまではいかない)工夫で、少しでも円滑に回れば嬉しいものです。

※この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo credit: malias via Visual hunt / CC BY

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社内研修で思うこと

社内研修における受講者、講師について思ったことです。 社内研修には(自分から手を挙げる以外に)「3年目だから」や「主任だから」というキャリアによって必須のもの、また部長などが推薦するものがります。 い …

1回の会議・打ち合わせで必ず結論を出す技術[読書感想]

1回の会議・打ち合わせで必ず結論を出す技術 著者:斎藤 岳 題名の通り、会議/打合せでいかに(参加者全員が納得し、次のアクションへつながる)結論を出すかを書いています。 ◆目次 第1章 「結論を出す能 …

ドキュメント修正の大事さ

プロジェクトメンバー、リーダーとしての振り返りで毎回思っては実現できていなかったことを備忘録として書いておきます。 言いたいこと 仕様書等のドキュメントの作成/修正が後付けになったりして、ソースコード …

リーダーには説明責任がある

リーダー『論』なんていう大げさな話題ではありませんが、数年前、ある上司と「リーダーとメンバー(特にサブリーダー)との関係」について話したことをふと思い出しました。  「目的を達成するために人を動かす必 …

問題対私達の構図

システム開発プロジェクト…特にユーザテストなど終盤…で、ユーザから届くイヤな声の1つに「○○機能が想定と違います。Aという動きではなく、Bが(想定される)正しい動きです」というのがあります。 #ここで …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。