サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 開発プロセス

プロジェクト完了報告書の問題

投稿日:2013年1月24日 更新日:


プロジェクト完了報告書

昔のいたある会社に「プロジェクト完了報告書」というドキュメントがありました。

「そのプロジェクトで得られた教訓を(自分も含めた)組織の別のプロジェクトの改善につなげる」ために作られ、プロジェクトの情報、経緯、様々な指標をまとめられているものです。
当時は規模や金額など一定条件のプロジェクトに対し、作成することが義務付けられていました。

ただそれが当時は有効に活用されていないと感じていました。

書くタイミング

1つは書くタイミングが遅いため、有用な情報が記載されにくい問題がありました。

当時、プロジェクト完了報告書は、カットオーバーやお客様が検収を終えた時など「プロジェクトの終了時」に書くことが大半でした。

そのため、「プロジェクト完了報告書」を書けるほど最初から最後まで携わり、内容を理解しているリーダーは、すでに別プロジェクトに参画していることが多くありました(そしてそういうリーダーは新しいプロジェクトでも忙しくなっています)。
それが原因で「プロジェクト完了報告書」を書く時間もなかなか取れず、さらに時間も経っているので記憶も薄れがちでした。その結果、既存資料からの抜粋などが多くなり、教訓や改善ポイントなどが抜け落ちてしまいます。

#リーダー以外のメンバーも、プロジェクトやお客様の目的、経緯、改善ポイントなどを把握できていることが望ましい形だと思います。しかしながらインセプションデッキとか書くと驚く程、違うってのも普通にあるので、これはこれでなかなか難しい問題です。

「終わってから作る」ことが原因の1つなので、ウォーターフォールであれば工程毎に数字や背景、ノウハウなどをサマリーして「少しずつ」完了報告書を作っていけば良かったと今になっては思います。

活用の仕方

守秘義務などもあるのでしょうが、ポイントとなる情報などは公開されていないことが多く、あまり有効に活用できませんでした。
「何かあって情報漏洩と言われたら困る」というディフェンシブな発想からか、隠さなくても良いノウハウなども書かれていないことも多くありました。

結局、当時の感じたところは以下のようなものでした。
作る側:(管理する側から)やいやい言われてうるさいから仕方なく作っている。
管理する側:これまでプロジェクト完了報告書を未提出のプロジェクトがありますた!が、注意したところこれだけ提出されるようになりました!!(えっへん)

その完了報告書がどれだけ他のプロジェクトに活用されたかを評価の指標に組み込んだり、作り手にフィードバックすれば良かったとこれも今になっては思います。

そのアクションや成果物の目的が何のためで、それが「期待通りに活かされているか?」「より良い活かし方がないか?」などを計測したり考えていかないと、せっかくの良い施策もムダになってしまいます。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

※アイキャッチ画像:http://www.flickr.com/photos/printhousecorp/6543078999/

-旧館より, 開発プロセス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Share

インセプションデッキを書いてみた

社内で「アジャイルサムライ~達人開発者への道~」の読書会をやっています この読書会。色々な所(道場)があります。詳しくはGitHubにまとめられているWikiをご覧ください。 読書会で作ってみた その …

文書化の指針

以前の「未来の自分を信頼し過ぎない」ことを書きました。 とはいうものの、何でもかんでもドキュメント化するのではなく、いくつかの要因(例として必要度合い)から判断して作るか決めれば…とも書きました。 私 …

業務の引継ぎや情報の伝達で思ったこと

今のチームで仕事をやり始めて2ヶ月半が過ぎました。 その2ヶ月半で、業務の引継ぎや情報の伝達について、ふと思ったことがあったのでつらつらと書いてみます。 自分の立場 中途入社でしたので、チームが携わっ …

雛形やテンプレートは現場の役に立って「ナンボ」

ある程度の組織にはPMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)や「品質標準化グループ」のような部署があり「設計書のフォーマットはこういうのを使ってください~」「レビューではこのチェックリストに沿って …

仕様凍結のつぶやきのその後

「外部設計はこれでOKですね?ハンコ押してください。これで仕様凍結します。これ以降は仕様変更になります」なんて会話をお客様にして、良い気持ちで押してくれるお客様なんていないよ。 — yoh …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。