サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

DevLOVE DevLOVE関西 コミュニティ

2013年10月のDevLOVE関西でやったこと

投稿日:


 2013年10月に開催したDevLOVE関西です。

『統計学が最強の学問である』読書会 #2

 DevLOVE関西はほとんどスタッフなどで参加していますが、これは@Posauneさんが中心になって進めてくれているものです。

 「読書会」には黙々と本を読んでいくスタイル、読んで来ていることを前提にディスカッションをメインにするスタイルなど色々あります。
 これは「読んで来ていることを前提にディスカッションをメインにする」スタイルで、その日の範囲を読んでくればディスカッションは十分できますので、第3回以降に参加してみてはいかがでしょうか?

デプロイメントパイプラインの作り方を考えよう! ~CI環境をもっと “あたりまえ” に~

 継続的インテグレーション(CI)の基本となるのデプロイメントパイプラインの概念と実践です。
 しかしながら、これを現場でやるのは試行錯誤の連続だと思います。そもそも今動いているシステムにこの概念を導入するのはとても大変だと思います。

 そのデプロイメントパイプラインの概念を分かりやすくお話してもらい、そこから参加者それぞれの現場を思い描きながら「今どうなっていて、どうなって欲しいか?そのためにどこから手を付ければいいか?」というのを描き出していきました。

 少人数でしたが、それ故にそれぞれの個別のアドバイスや経験談が飛び交っていてなかなか濃い話になっていました。

みんなに役立つ「テスト」を学んでみよう!

#DevLOVE関西のFacebookページに書いている内容をご覧下さい。

「Lean Diagram」に学ぶProblem/Solution Fit(POStudy大阪出張編)

 東京を中心に活動されているコミュニティ「POStudy 〜プロダクトオーナーシップ勉強会〜」の主催者でもあり、かつての同僚でもある関さん(@fullvirtue)にやってもらいました。

 分かりやすい説明の後にグループで、実際にLean Diagramを書いていました。
 実際に書いてみると分かるのですが、頭では分かっているつもりでも、いざ書いて埋めてみて、さらに全体的に俯瞰してみると不自然な流れが見つかったり、流れ自体が切れてしまっている箇所がハッキリと分かったりして面白かったです。

#以前、XP祭り東京で関さんのワークショップを初めて受けたのですが、随所に仕掛けがあって、私自身の参考に大きくなったのを覚えています。

DevLOVE関西のソーシャルリンク

Doorkeeper

Facebookグループ
Facebookページ

Twitterアカウント

-DevLOVE, DevLOVE関西, コミュニティ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Regional SCRUM GATHERING Tokyoに参加してきた #RSGT2017

初めてのRegional SCRUM GATHERING Tokyo Regional SCRUM GATHERING Tokyoに初めて参加して、発表してきた。 余談。このスライドを作るために直近の …

Regional Scrum Gathering Tokyo2018に参加してきた #RSGT2018

2回目のRegional Scrum Gathering Tokyo 前回に引き続き、Regional Scrum Gathering Tokyoに参加して、【「ふりかえり」の始め方と続け方】というお …

KANJAVA PARTY 2017 !!!で「DevLOVE関西からギルドワークスへの越境」を話してきました。 #KanJavaParty

KANJAVA PARTY 2017 !!!でお話してきました。 お話をいただいた時に「最近、Java書いていないし、何話せばええんやろうなぁ」と少し困っていたのですが、DevLOVE関西というコミュ …

Developers Summit 2014

デブサミ2014で登壇します

2014年2月13日(木)・14日(金)に開催される【Developers Summit 2014 (デブサミ2014)】で登壇します。 きっかけはデブサミ2013でのAction 1年前のデブサミ2 …

2016年前半のDevLOVE関西の活動記録

2016年前半のDevLOVE関西の活動記録 2016年は月1、2回ペースで21回開催することができました。 参加していただいた皆さん、話し手の皆さん、会場提供していただいた皆さん、そしてスタッフの皆 …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。