サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

情報の欠如

投稿日:2007年1月20日 更新日:


仕事柄、(全てが等価値で無い)いくつもの情報から判断を必要とすることがあります。
もちろん、上司も私以上の無数の有形無形の情報から判断しています。
役職や立場が上になればなるほど、情報がたくさん入ってくるようになります。

一方、その情報は詳細では無く、サマリーされたものになっています。
ひょっとすると報告者にとって都合の悪い情報はあえて伏せられたままかもしれません。悪意が無くてもサマリーの仕方がまずく本来必要な情報が欠落していることもよくあります。

当然、判断を下す際に詳細を知ることが必要になりますが、それを理解する、または説明してもらう時間が無い場合が多く、結果、それが判断を難しくしているのでは無いのでしょうか?
大局的な観点で、かつサマリーを聞いた段階である程度の判断を下せて、その結果が(大正解でないにしても)大きくは間違っていないことが上司、管理職としての能力なのかな?と思います。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo via Visualhunt.com

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

我慢することの難しさ

もうずいぶん前の感じがしますが…2009年1月に納品したプロジェクトで、私が感じたことの1つに「自分には我慢が足りないなぁ」があります。 そのエントリにも書いていましたが、PJメンバーにいた新人と若手 …

新人研修の内容が現場へ連携するようにして欲しい

私の所属組織では、新卒採用後、数ヶ月の集合研修を経て、各部門のそれぞれのプロジェクトへ配属になります。 以前、私が担当していたPJに新人が配属されたことがありました。 で、その時に思ったことです。 思 …

週次フリカエリ

最近、お客様への納品が終わったプロジェクトで採用した「プチフリカエリ」について書きます。 (私の所属企業、かつ、知っている範囲では)「フリカエリ」は(大規模プロジェクトでは)工程の終了時、(小規模プロ …

自分憲法

#ソース元は「一生かけて取り組むべきものが分かる“自分憲法”の作り方」です。 自分のことを考えてみると「楽しく、成長しながら仕事をする」というのがそれと思っています。 #この「自分憲法」の考え方は、( …

個人目標をオープンにするのってどうでしょうか

組織の目標とは別に、個人も目標を立てて、定期的…半期に1度など…にそれを評価する仕組みになっています。 目標の例として「○○PJのリリース日を遅延しない」「情報処理試験に合格する」や「○○という技術に …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。