サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

日常 旧館より 考え方

「お医者さん」だって全部の病気を知らないでしょ?

投稿日:2007年3月7日 更新日:


仕事、プライベート問わず「パソコンの事」を質問されると結構困ります。

自分の知っている/使っているアプリケーション、OSに関する質問であれば、それなりに答えられます。
もし、答えが分からなくても、(経験上)当たりをつけて調べれば、それなりの答えが見つかることが大半です。
#ちなみに私は業務系アプリケーションを提案、設計するSE(最近はこれも怪しいですが)です。

しかし馴染みの無い、もしくは専門外アプリケーションだと、そんな簡単にはいきません。

例えば、Illustrator、Photoshop等です。
またメールクライアント1つにしても「OutlookExpress」と「Outlook」は似て非なるもので、私はそのどっちも使っていません。
#同じ会社のアプリケーションなのになぜこうも紛らわしい名前にしたんでしょう?
だいたい「Outlookがさぁ~、なんかおかしいのよ」て聞かれる度に、まず「それは(「OutlookExpress」と「Outlook」の)どっち?」と確認から始まります。

閑話休題。

そんな時に分からない旨を伝えると「あんた、SEやろ?パソコンなら何でも分かるんちゃうの?ホンマに分からないのん?教えてくれてもええやん」に類似する(時には刺々しい)言葉が返ってきます。
質問者も「あぁ~、分からへん!!」とイライラ状態なので、そんな言葉が出るのも多少は理解出来るんですが…(苦笑)。
昔はいちいち腹立っていましたが、最近は一息ついてから…

「”医者”と一口に言っても内科、外科、眼科、心療内科とか色々あるわね?どんな医者でも基礎的な質問(ちょっと熱っぽいんですけど?→風邪(かも)しれませんね)ならアドバイスもらえるでしょ?
そやけど、”眼科”医に『会社に行く気が起きないんですけど…』と相談しても『心療内科に行って下さい』と言われるやろ?
それと一緒でSEやから言うて全部のアプリに詳しいわけじゃないのよ。」

…と答えるようにしています。

大半の質問者は「そっかぁ、そない言われたらそうやねぇ」と理解を示してくれ、その後に「このアプリケーションなら、このページやこの人が詳しいからそちらを当たってみれば?」とアドバイスを言えば、それなりに納得してくれます。
#上記の状況で(それでも頑張れば)何とか答えれることもあるのですが、それをしない理由もまた考察したいです。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo via Visualhunt

-日常, 旧館より, 考え方

執筆者:


  1. […] 以前「お医者さん」だって全部の病気を知らないでしょ?で書いた「(知らないアプリケーションについて)頑張ればそれなりに答えれる事もありますがそれをしない理由」(ややこしい言 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワークフローシステムが意味がない時

社内にあるワークフローシステムを使って事務処理をしていた時にふと思ったことです。 例えば、開発プロジェクトでサーバなどのハードウェア器機を調達する必要が出てきたとします。 それは、当然個人で買うわけで …

「コンビの成熟度合い」がアウトプットに与える影響

企業にはジョブローテーションがあると思います。部署内での担当替えだけに留まらず、部署間の異動、転勤もあります。 #組織の強さや未来像を意識しているかは分かりませんが…。 適性の見極めやゼネラリスト育成 …

difference-of-the-elements-required-for-development

新規開発と保守開発に求められる要素の違い

システム開発の要素の1:新規開発(スクラッチ)と2:保守開発(機能追加)があります。 #保守開発は派生開発とも呼んだりするようですが、ここでは保守開発とします。 新規開発はその名前の通り「一から」シス …

情報を伝える際に気をつけていること

プロジェクトメンバーなどに何か情報を伝える際に私が気をつけていることの1つに「情報は(自分が思っているよりも)多めに伝える」があります。 伝達する情報は過不足ないことが理想です。 とは言うものの、この …

ホワイトボード

所属部門にあるホワイトボードの話です。 自分の考えを整理したい時、打合せなどでよくホワイトボードを使います。 決まったことや議論の内容を書くこともあれば、絵や表などを描くこともあります。 むしろホワイ …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。