サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

「コンビの成熟度合い」がアウトプットに与える影響

投稿日:2007年3月17日 更新日:


企業にはジョブローテーションがあると思います。部署内での担当替えだけに留まらず、部署間の異動、転勤もあります。
#組織の強さや未来像を意識しているかは分かりませんが…。

適性の見極めやゼネラリスト育成を目的としたジョブローテーションは大事です。
ここではそういう大きな話では無く、ミクロの視点から「コンビネーション」について書いてみます。
#私の仕事はプロジェクト(組織全般において)で属人性をいかに少なくするか(その施策)を考えるものでしたが。

余程小規模なプロジェクトで無い限り1人では出来ず、複数の人が関わって来ます。
そこには「相性」という目に見えない何かがあり、個々の能力は高いのに組むとどういうわけかダメになる事もあります。

2人がコンビを組んで仕事をするとします。
(能力や経験等バックボーンにもよりますが)コンビネーションとしての成果が1 + 1 < 2となるにはそれなりの時間が必要になってきます。
年単位での例を書くと…

1年目

お互いの力量や考え方が分からない為、それらを探ったり、すり合わせたりしながら動く為、1 + 1 = 1.5 でれば良い方です。

2年目

お互いの力量を把握して1 + 1 = 2 には最低なっているはずです。
逆にこの時点で2になっていなければコンビの相性が悪い(能力的な点もあります)と判断し、コンビを変えた方が良いこともあります。

3年目

お互いの力量、考え方を把握した上で、さらに成熟して 1 + 1 = 3~5にもなります。
こうなった時、コンビは強さはピークになります。

…という感じです。
もちろんそのレベルアップの期間、スパンを短くできるのが良い人材でもありますが。
レベルアップよりも短いスパンで行き当たりばったりな配置転換やチーム編成をするのは考えものです。

それ程コンビの成熟度合いによる生産性向上は大きいものです。
特に情報共有、継承が出来ない、しにくい現場や業界、組織であればある程、こういう点を蔑ろにしていると、長期的に見た時に、ノウハウの残らない空洞化した組織、状態になってしまいます。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo via Visual Hunt

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

会議でメンバーが意見を言いやすくなる方法

会議が「20人以上」かつ、担当者レベルからマネージャ、部長クラスが「一堂に会する」ような場合、活発な議論、質疑応答が飛び交うことは稀かと思います。 部長から一方的に報告や連絡事項が行われ、他のアジェン …

フレームワークの功罪

JavaにおけるStruts、RubyのRubyOnRailsのようにシステム開発のフレームワークは数多くあります。 #またその適用レイヤーもさまざまです。 最近のシステム開発では、全てをスクラッチで …

自分の仕事を説明できますか?

#ソース元は「ビジネスマンの不死身力:お盆休みは知人に仕事のことを話そう」です。 IT業界における「システムエンジニア」「プログラマー」「プロジェクトリーダー」「プロジェクトマネージャー」の仕事って、 …

仕事に対する心構え

(プロパー、パートナー問わず)始業ギリギリ(1,2分前)にバタバタと出社して来る人がけっこういます。 #フレックスの人は悠々~って感じですが。 始業時間になればすぐに仕事をするか?と言えばパソコンも起 …

同姓同名がいることを想定する

あるサービスについて、メールで問合せた時の話です。 その返答には「××についてのお問い合わせは○○部の木村(仮)にまで」とありました。 この名字しか記述がなかった部分に「?」と思いました。 同じ部署に …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。