サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

「名前」で呼んでいますか?

投稿日:2008年4月14日 更新日:


仕事、プライベートを問わず人をどのように呼んでいますか?

TPOによりますが大きく分けると2つに分かれます。

1:「鈴木さん」「佐藤君」「田中ちゃん」(笑)と固有の名前で呼ぶ人。
2:「君(きみ)」「あなた」「お前」と固有の名前で呼ばない人。

呼ぶ側の論理(というか「屁理屈」みたいな都合の良いものですが)として「いちいち大勢の人を覚えていられない」やら「呼び間違えて失礼になることがない」※1なんてのがあります。
※1こんなこと冗談みたいですが、以前、こんなことを真顔で言う人がいました。

呼び方なんて些細なことを…と思うかもしれませんが、けっこう呼ばれる側のモチベーションに影響することかなと思います。
「おい、君(きみ)!」と固有の名前で呼ばないということは「そこにいる誰か」が対象であり、極論すれば(呼んだ人の目的が達成されれば)誰でも良いわけです。

一方、「おい、鈴木君」と固有の名前を呼ぶということ「鈴木さん自身に用事がある」というニュアンスです(もちろん「鈴木さん」でなくてもOKなのかもしれませんが、まずは「鈴木さん」に呼びかけているわけです)。
自分がそのような扱いだと分かれば、そのモチベーションがどうなるでしょうか?

「給料をもらって仕事をしているプロフェッショナルなんだから、そんなことでがたがた言うな」という考えもありかもしれません。
が、私としてはそういう感情の機微を感じて、うまく仕事、プロジェクト、組織を円滑に高いレベルで維持、発展させていくのも上司/管理職の仕事だと思います。

少なくともちょっとした労力(それこそ固有の名前で呼びかけることを気をつけるだけ)で、その人のモチベーションが上がるなら、費用対効果は高いと思います。

というわけで、私は上司であれ、部下であれ、同僚であれ余程のことが無い限り必ず名前を付けて呼びます。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo via Visualhunt.com

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あるプロジェクトで工夫したこと

(QCD的に)成功したあるプロジェクトで工夫したことを備忘録のために書いておきます。 そのプロジェクトの特徴は以下の通りです。 【納期】サービスインの時期は確定しており、それまで約3.5ヶ月。 【要素 …

プロジェクトの種々なこと

「プロジェクト」を、前職ではPMO(プロジェクトマネジメントオフィス)的に外から、そして現職で逆に一員として内から見て…と異なる視点を経験しました。その中で感じたことをつらつらと書いてみます。 1:全 …

Todoリストの更新タイミング

仕事関係のタスクを記録しているTodoリストがあります。 このTodoリストを更新するタイミングについて、(自分にとって)より効率良く仕事ができた方法を書いてみます。 Todoリストの更新タイミングを …

「今年の漢字は?来年の漢字は?」アクティビティ

先日、所属組織の忘年会でちょっとしたイベント?ゲーム?をしたので紹介します。 メンバーによりますが、2時間ダラダラ話したり、若手が(半ば押し付けられる形で)芸をしてお茶を濁すような宴会は、あまり好きで …

自分憲法

#ソース元は「一生かけて取り組むべきものが分かる“自分憲法”の作り方」です。 自分のことを考えてみると「楽しく、成長しながら仕事をする」というのがそれと思っています。 #この「自分憲法」の考え方は、( …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。