サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

日常 旧館より 考え方

嬉しい言葉「また一緒に仕事をしたいですね」

投稿日:2009年6月17日 更新日:


「またこのチームの皆さんと一緒にプロジェクトをしたいですね!」

システムのカットオーバーを無事に迎えたプロジェクトの打ち上げで、クライアントからこんな言葉をもらえるとすごく嬉しいものです。
こういう言葉やクライアントの笑顔を見ることができるのはエンジニア冥利に尽きます。

一方で「二度とこの人達とは一緒に仕事をしたくない」と残念な言葉を持つことがあります。

クライアントだけでなく、所属会社に関係なく一緒にプロジェクトを遂行したチームメンバーや上司など関係者にも、同じように嬉しい言葉、残念な言葉の両方をもらい、自身も思うことがあります。

できるだけ嬉しい言葉をたくさんもらうため、そして自分が言えるように、役割を固定せず積極的に越境していき、最後には冒頭の言葉をもらえるようにやっていきたいものです。
10年くらいの経験ですが、自分は冒頭の言葉を思うことが多くありましたし、何度かはクライアントやチームメンバーから良い言葉をもらいました。
そういう体験を思い出すたびに「よし!今度のプロジェクトもそう思う、思われるように頑張ろう!」と思うわけです。

Photo credit: J. Star via Visual hunt / CC BY-NC-SA

※この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

-日常, 旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

UltimateAgileStories1で書いた内容

最近、UltimateAgileStories Iteration2(UAS2)のエントリ([雑多]UltimateAgileStories Iteration2が届きました)を書きましたが、その1冊 …

週次フリカエリ

最近、お客様への納品が終わったプロジェクトで採用した「プチフリカエリ」について書きます。 (私の所属企業、かつ、知っている範囲では)「フリカエリ」は(大規模プロジェクトでは)工程の終了時、(小規模プロ …

仕事が10倍速くなる最強の図解術[読書感想]

仕事が10倍速くなる最強の図解術 報告書やプレゼン資料を作成する際に、図解化することで抜けや漏れが無いか(MECE)、また説得力のある論理構成になっているか?を確認し、質の良いものを造り出しましょうと …

発表資料に対する責任

関係者が順々にプレゼンしていくある会議での出来事です。 ある発表者が冒頭で「え~、これから××についてご説明いたします。が…この資料、私が書いたものでないので、詳細な質問はご容赦ください…」というよう …

difference-of-the-elements-required-for-development

新規開発と保守開発に求められる要素の違い

システム開発の要素の1:新規開発(スクラッチ)と2:保守開発(機能追加)があります。 #保守開発は派生開発とも呼んだりするようですが、ここでは保守開発とします。 新規開発はその名前の通り「一から」シス …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。