サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

日常 旧館より 考え方

新しいチームリーダーのことを社内SNSで知った

投稿日:2009年12月14日 更新日:


12月頭に全社横断的に(主に開発工程の)生産性向上をミッションとする部門に異動になりました。
で、「まずは顔合わせを…」ということになりました。

新しいチームで一緒になるチームリーダー(上司)は分かっていましたので、社内SNSで探して、会う前にその方の書いているブログをザッと読んでみました。
#そのチームリーダーとはお話したことはありませんでした。

一定量のブログを読むと、その人の大まかな方向性や好き嫌いなど見えてくると思います。
で、そのチームリーダーの方のエントリもそこそこあったので、なんとな~く、どういう方かイメージを持つことができました。

また、ブログのコメントでは、なんとなく人のつながりも見えて「あ、この人(自分が知っている人)と知り合いなんや」というのも分かったりしました。
その後、実際に顔合わせをしたのですが、ブログを読んでいたせいもあって(無用に緊張せず)話ができたように思います。
#「あのエントリ、興味深かったです」というように話題にも事欠きませんでしたし。

もちろん、変な先入観を持たないように気をつける必要はありますが、社内SNSを有効利用できたシーンだったと思いました。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Alexandre Debiève

-日常, 旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

技術者の直感を信じてみては?

プロジェクト…特に詳細設計やプログラミングなど技術者がフル稼動する工程…において、経験豊かな技術者の直感が働くことがあるようです。 その直感とは「あ、(この仕様、実装は)このままではまずいのでは?」と …

プロジェクトにおける「割れ窓理論」

環境犯罪学上の理論に「割れ窓理論」というのがあります。 「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」(Wikipediaより) 有 …

自分のテンションを維持する方法

コンピュータは基本的に調子の波がなく、いつでもいつまでも同じポテンシャルを発揮してくれます。 #CPU100%は「調子が悪くポテンシャルが低い」と表現できますが、ここではそんなことを言いたいのではなく …

同姓同名がいることを想定する

あるサービスについて、メールで問合せた時の話です。 その返答には「××についてのお問い合わせは○○部の木村(仮)にまで」とありました。 この名字しか記述がなかった部分に「?」と思いました。 同じ部署に …

「今年の漢字は?来年の漢字は?」アクティビティ

先日、所属組織の忘年会でちょっとしたイベント?ゲーム?をしたので紹介します。 メンバーによりますが、2時間ダラダラ話したり、若手が(半ば押し付けられる形で)芸をしてお茶を濁すような宴会は、あまり好きで …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。