サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

「ドッグフードを食べる」意識

投稿日:2010年5月5日 更新日:


先日、あるSIerが発表したプレリリースを読んで、ふと思ったことです。

そのプレスリリースは「こういうソリューション提供できますよ。是非御社で使ってください」というものでした。
#エントリの本質とは関係ないので適当です。

そのふと思ったことというのが「じゃ、発表元(開発元も含めて)の会社はそのソリューション、製品を使っているのか?」ということです。
#これは自分の所属会社でも同じ感覚を持ちます。

「自社でも標準で使ってます!」まではいらないかもしれません。ターゲットや業種によって適用できないものもあるので。
しかし、マニュアルを読み込むだけなく、想定される「利用者の立場や視点」で、それを「実際に」利用してみることがいるかと思います。

そうして得た理解や感じた利便性、不便な点、諸々の感覚的なものも含めた上で、お客様に提案すると、受け止められ方もだいぶ違うのでは?と思ってしまいます。

この業界では自分が作った製品を自分達で使うことを「ドッグフードを食べる」なんて言いますが、そういう意識が必要かと思います。
もちろん主観的に偏りすぎる…「これ、絶対良いですから!」…というのもNGですが、それ相応の自信(とそれの裏付け)がある提案や話を聞くとやはり違うと思います。

これは、どんな小さなシステム開発でもそうで、設計書の上だけでUIや画面遷移などの使い勝手を検討するのではなく、実際に使ってみると…「はぁ?なんでこんな入力順番なん??」と思うことがあったりします。
#よく知りませんが、家電メーカーさんなんかの方が、そういう自分達で「利用者の視点で…」という取り組みは強いような気がします。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Kelly Sikkema

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Redmineのチームでの使い方を紹介

Redmine Advent Calendar jp 2011の10日目になります。 私は(プラグインをガリガリ作ったりしてないので)「自分達のチームでの使い方」をいくつか紹介します。 コンテキスト …

社内でのランチ勉強会

以前、「社内読書会をやってみて」というエントリを書きましたが、今度は社内でやってる「ランチ勉強会」のお話です。 どんなの? 週に1回、(社内の会議室などで)お昼を食べながら、プレゼン+ディスカッション …

我慢することの難しさ

もうずいぶん前の感じがしますが…2009年1月に納品したプロジェクトで、私が感じたことの1つに「自分には我慢が足りないなぁ」があります。 そのエントリにも書いていましたが、PJメンバーにいた新人と若手 …

Professionalと思う3つの振る舞い

DevLOVE Advent Calendar 2012 “Professional”に投稿しました。 「自分にとってのProfessional」とは? 私が考えているProfessionalの定義は …

チケットの粒度が難しい

過去のメモを整理していたところ、2年程前のプロジェクトで悩んでいた時に書いたメモが出てきたので備忘録としてアップしておきます。 悩んでいたこと RedmineやTracなどのITS(Issue Tra …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。