サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

強みを否定される

投稿日:2010年10月7日 更新日:


人によってその会社を去る理由は色々あると思います。
(所属組織、他の組織問わず)辞める(た)理由を直接/間接的に聞いた時に思ったことです。

例えですが、あるサッカー選手が「自分はもっと華麗なパスサッカーでポゼッションを強みとするチームに行きたい。ここはカテナチオで守ってカウンターで点を取るチームだ」という理由で移籍しようとします。
で、その組織の経営陣や幹部も「確かにうちはカウンターのチームだ。パスサッカーのチームではない。仕方がない。今回は縁が無かったが、今後の活躍を期待しているよ」というものだったら双方にとって良いと思います。
#具体的には「今の組織はコンサルや上流工程を極める人には向いているが、自分は技術を極めたいんだ!」な感じです。

ですが、組織の経営陣や幹部が「自分達の強みはパスサッカーだ」と思っている所に、前述のような理由をぶつけられると、その組織の強みを否定されることになります。

こういうことが何度かあって組織が「これではいかん!(自分達が)強みと思っているモノはなんだったんだ!?」となれば良いのですが、そうでなければ沈んでいくんだろうなぁと思います。

全てがそう単純化できる話ではないと思いますが、翻って自分が所属する組織ってどうだろうなぁ?と考えたわけです。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo on VisualHunt.com

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホワイトボードを使わない会議はあり得ない

色々な意味でカルチャーショックなプロジェクトの話です。 お客様との打合せ…議題は複雑で、図解をしたりして、何らかの「見える化」などの対策をしないとアッと言う間に「空中戦」になること必至のものでした。 …

打合せ前に少しだけ調べておく

とある社内での打合せの席で思ったことです。 「相手の方を少しだけ知っておくと、それだけど打合せがスムーズに進む(進みやすい)」と。 その打合せは部門も違い、お互い初対面でした。 ただ、事前に「○○さん …

勝手に親近感

Twitterや社内SNSなどで、「実際に会った」ことも「直接話した」こともない…けれど、その考え方やアクション、マインドにすごく共感したりする方々がいます。 その中には「こんな方を目標にしたい!」と …

SCRUM BOOT CAMP THE BOOKを読みました

「SCRUM BOOT CAMP THE BOOKはいい本です!マネージャーも開発者もみんな読んでみてください!」で終わらせようと思ったら・・・ @yohhatu それでもいいけどw もうちょっとww …

自分の仕事を説明できますか?

#ソース元は「ビジネスマンの不死身力:お盆休みは知人に仕事のことを話そう」です。 IT業界における「システムエンジニア」「プログラマー」「プロジェクトリーダー」「プロジェクトマネージャー」の仕事って、 …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。