サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

仕事のやり方 旧館より

打合せ前に少しだけ調べておく

投稿日:2011年2月9日 更新日:


とある社内での打合せの席で思ったことです。
「相手の方を少しだけ知っておくと、それだけど打合せがスムーズに進む(進みやすい)」と。

その打合せは部門も違い、お互い初対面でした。

ただ、事前に「○○さんと△△さんが出席する」ことは分かっていました。
なので、社内SNSなどの情報を少し検索して「これまでどういうキャリアを積んでいるのか?」「技術系なのかマネジメント系なのか?」など、いくつかのことが分かりました。

そういう事前情報があると実際に話をする時の基準(レベル)をどこにすれば良いのか分かりやすいです。
例えば「どういうアーキテクトで行くか?」と説明する際、バリバリ技術を10年やって来た方、経験1年目の方、また営業畑の方…それぞれ話し方やポイントが変わってきます。

また話の入り方で「あの(社内SNSの)エントリ読みましたよ~」「○○さんは×が趣味なんですね」とアイスブレーク的に使うだけでずいぶんその後の展開は違うと思います。
やりすぎるとストーカーちっくなので限度はありますが(苦笑)。とは言え、自分に興味を持ってもらうことをそう嫌がる人もいないと思います。

情報をインプットし過ぎて、先入観を持ちすぎるのも良くありませんが、想像(事前情報)と違っていたら、そこでその情報を修正すれば良いと思います。
ちょっとした労力でスムーズに打合せができるなら、そういう工夫も良いかと思います。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo on Visualhunt

-仕事のやり方, 旧館より

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

徹底することの難しさ

やり方の改善や新手法を取り入れることがあります。 例えば今までの設計手法を「品質の向上を目的として、今度はこういう手法、方法をやってみよう…」等という時です。 顕在/潜在的問題点に対し解決方法を考え、 …

こんなPMOはいらない

私のキャリアの中に、数年ですがPMO(Project Management Office)的な経験があります。 #PMOの役割や定義も組織においてまちまちなのですが…。 当時はそういう組織がなかったの …

Redmineのチームでの使い方を紹介

Redmine Advent Calendar jp 2011の10日目になります。 私は(プラグインをガリガリ作ったりしてないので)「自分達のチームでの使い方」をいくつか紹介します。 コンテキスト …

初めて勉強会で発表する人に伝えたいこと

同僚がチームが直面した課題、その課題へ工夫したことを事例紹介として、勉強会で発表することになりました。 この同僚は社外の勉強会では初めて発表するというこもあってか「ほとんどの聴き手が『そんなん知ってる …

勝手に親近感

Twitterや社内SNSなどで、「実際に会った」ことも「直接話した」こともない…けれど、その考え方やアクション、マインドにすごく共感したりする方々がいます。 その中には「こんな方を目標にしたい!」と …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。