サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

えらくなっていきたいか?

投稿日:2012年10月9日 更新日:


ずいぶん前に書いたまま放置していたのを(ちょっと書き足して)アップします。
組織において「えらくなっていきたいか?」という話です。

えらくなりたいか?の問いに対して

一時期「昇格/昇級したいか?」という問いにNoと答えていました。

なぜなら「上の人が楽しそうに、やりがいを持って仕事をしているように思えなかった」からです。
自分がやりたい仕事でないのか、責任やプレッシャーの割に(評価された結果の)給料が低いのか分かりません。
が、目を輝かせて「今の自分の仕事が楽しい/やりがいがある!」と伝える(伝えなくても態度で示す)人が少なかったように思います。
恵まれたことに(一番お世話になった)直属のボスは上記に当てはまらない人でした。

(現場や若手から見て)管理職や上司が魅力的に見えない組織は、新しい力も出てこなく、新陳代謝も起きず、 新しい変化にも対応できず、結果として若く有望な方は出て行ってしまうし・・・で、良いことは何もありません。

最近の考え

最近(※2011年の冬頃)は少し変わってきていて「その組織で自分がしたいことをやりやすく、横槍を入れられずにやる(=自分でハンドルを握る)には、えらくなって上に行くのが一番の近道」と思うようになっていました。
この話の前提には「その組織で頑張るなら」がありますが。

えらくなることを目的としてとらえると(魅力が無いように映っているので)イマイチ前向きになれませんが、「自分がやりたいことするため」の手段として見ると、そう悪い話では無いと感じたからです。

それからしばらくして、ハンドルを握るまでの時間の長さに待ちきれずに移る※ことになったのですが。
[仕事]会社を移ることになりました

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo on Visual Hunt

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ふりかえり

KPT法を使う場合に気をつけること

 以前、書いたKPT法を実際に1人やプロジェクトの「フリカエリ」で使ってみて感じたことを書きます。 ※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。    KPT …

プロジェクトに途中から入る難しさ

開発プロジェクトの立ち上がりではなく、途中から参加することはどれくらいの頻度であるでしょうか? また、それはどのあたりから参加することが多いでしょうか? 開発プロセスがウォーターフォールの場合、要件定 …

「Q&Aビンゴ」アクティビティ

(時期を逃した感がありますが)、新しくできたグループなど、あまり知らない人同士が集まった宴会で使えるアクティビティです。 「Q&Aビンゴ」 ビンゴの数字を(「くじ」ではなく)「質問に該当する人 …

「お医者さん」だって全部の病気を知らないでしょ?

仕事、プライベート問わず「パソコンの事」を質問されると結構困ります。 自分の知っている/使っているアプリケーション、OSに関する質問であれば、それなりに答えられます。 もし、答えが分からなくても、(経 …

「ホウレンソウ」のレベル

先月…7月初旬から新人が配属になりました(それまでは3ヶ月の集合研修)。 それをきっかけにして、ふと過去に新人のOJT担当だった時に書き留めていたメモを書いてみます。 「ホウレンソウ」…報告・連絡・相 …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。