サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

Agile コミュニティ 日常 開発プロセス

デブサミ2014でお話してきました!

投稿日:


もう2週間も前になるのですが、【Developers Summit 2014 (デブサミ2014)】に参加してお話してきました。

デブサミ2014、講演関連資料まとめとして資料などがまとめられています。

成功と失敗の狭間に横たわる2つのマネジメント

聴きに来てくださった皆様ありがとうございました!

登壇に至った理由は1つ前のエントリ(デブサミ2014で登壇します)に書いています。

1日前までスライドができあがらずけっこう悩んでいましたし、緊張もしていました。
壇上に上がる前は「整理した考えを”自分のため”に独り言のように話す」と開き直って言い聞かせたりもしました。

内容は目新しいことはなく、自分がこれまでやってきた中で「これは大事なんじゃないかな」と思うことについて、やってみてうまくいったり、失敗したこと経験談をお話しました。

他に参加したセッション

1日目は話す前に他の方のセッションを聴くと自分のスライドを手直ししたくなるので、コミュニティブースで色々な方とお話していました。

2日目は以下のセッションに参加しました。(リンク先はSlideShare)
【14-D-1】Team GeekによるFearless Change(角征典〔ワイクル〕)
【14-D-3】越境する開発~あの日開発していたサービスの名前を僕たちはまだ知らない~(市谷聡啓〔DevLOVE〕)
【14-B-5】ピンポンゲームでスクラム体験ワークショップ(川口恭伸〔楽天〕)

角さんのパターンの話は分かりやすかったですし、市谷さんの話をDevLOVE以外で聴くというのも新鮮でした。
ピンポンゲームも終わった後に川口さんと色々ディスカッションできたので「なるほど~」と思うことがありました。

デブサミは同窓会であり、良い刺激をもらう場

デブサミは自分にとって同窓会と改めて思いました。
DevLOVEのコミュニティブースで色々な「お久しぶり!」な人とお会いできたし、(一緒に仕事はしたことないけど)元同僚の@namikawaさんとランチしたり。

そしてそれぞれ場所は違えど色々挑戦していたりして、これも良い刺激になります。

写真

DevLOVEのコミュニティブース
DevLOVEのコミュニティブースです。
@teyamaguさんの設営力(?)に感謝です。

スピーカー控室への案内
スピーカー控室への案内板。

スピーカー控室
ここがスピーカー控室です。
リハーサルの関係で1番乗りだったので誰もいないのですが、日中はここでスピーカーの皆様があちこちで話をしていたり、スライドを手直ししていたりとワイワイガヤガヤと楽しい空間になっていました。

スピーカーパス
スピーカーパスです。これは次のデブサミでも身につけてみたいです。

会場
リハーサルの時に撮った会場です。実際は聞き手の席は暗くなっているので壇上からほとんどお顔は見えなかったのですが。

コーヒースポンサー
1万円でなれるコーヒースポンサーの頂き物です。
書籍も1冊いただけますし、セッションは並ばずに優先的に1番前の電源付きの席で聴くことができるしメリットが多いと思いました。

最後に

両日ともとても楽しく、あっという間の時間でした。

特に2日目は雪の中、時間短縮したり運営の難しい判断もあったと思いますが、それを感じさせることなく楽しませてくれた、翔泳社さんを初めとするスタッフの皆様のオペレーションに感謝です。ありがとうございました!

次のデブサミでも何かお話できるように頑張っていこうと改めて思いました。

-Agile, コミュニティ, 日常, 開発プロセス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Redmineのチームでの使い方を紹介

Redmine Advent Calendar jp 2011の10日目になります。 私は(プラグインをガリガリ作ったりしてないので)「自分達のチームでの使い方」をいくつか紹介します。 コンテキスト …

difference-of-the-elements-required-for-development

新規開発と保守開発に求められる要素の違い

システム開発の要素の1:新規開発(スクラッチ)と2:保守開発(機能追加)があります。 #保守開発は派生開発とも呼んだりするようですが、ここでは保守開発とします。 新規開発はその名前の通り「一から」シス …

仕事と勉強会の源泉の関係

ここ1年ほどいくつかの勉強会に参加して、時にはスタッフだったり、スピーカーをさせてもらったりした中で「仕事と勉強会の源泉の関係」について感じたことです。 「今日の勉強会でエネルギーをもらったので、明日 …

DevLOVE関西

35回開催した2013年のDevLOVE関西

DevLOVE関西、2013年は実に35回やりました。 各セッションで発表してくれた、そしてスタッフとして手伝ってくれた、そしてもちろん参加していただいた皆さん、ありがとうございました! 2013年色 …

SCRUM BOOT CAMP THE BOOKを読みました

「SCRUM BOOT CAMP THE BOOKはいい本です!マネージャーも開発者もみんな読んでみてください!」で終わらせようと思ったら・・・ @yohhatu それでもいいけどw もうちょっとww …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。