サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

徹底することの難しさ

投稿日:2006年12月26日 更新日:


やり方の改善や新手法を取り入れることがあります。
例えば今までの設計手法を「品質の向上を目的として、今度はこういう手法、方法をやってみよう…」等という時です。

顕在/潜在的問題点に対し解決方法を考え、提案をするのは難しいことです。
しかしより難しいのは、その改善手法や取り決めを徹底、展開し、それが「当たり前」になるまで運用することです。

人間誰しも「新しい事」や「現状からの変化」に対し、多かれ少なかれ拒否反応を示します。
特に中長期的に見て効果があるとことが分かっていても、短期的にタスクやリスクが増える時にはより顕著です。

これに対しては、これがベストな方法かいつも悩みますが、いかにキーパーソンを巻き込み、時には政治的方法も使い、まず初めに「やらせてみる」(理想は)「自発的にやってもらう」ことが大事だと考えています。
その序盤を上手く進め、定着することが出来れば、最後にはそれが当たり前になって来ます。

どんな物事でも一緒で継続してそれをするのが当たり前になってくると、いざしないと「何かモヤモヤ感」が出て結構自然とするものだなぁと思うわけです。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo credit: benaston via Visualhunt / CC BY

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Share

インセプションデッキを書いてみた

社内で「アジャイルサムライ~達人開発者への道~」の読書会をやっています この読書会。色々な所(道場)があります。詳しくはGitHubにまとめられているWikiをご覧ください。 読書会で作ってみた その …

雛形やテンプレートは現場の役に立って「ナンボ」

ある程度の組織にはPMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)や「品質標準化グループ」のような部署があり「設計書のフォーマットはこういうのを使ってください~」「レビューではこのチェックリストに沿って …

最高のプレゼンテーション―心をつかむ見せ方、話し方[読書感想]

最高のプレゼンテーション―心をつかむ見せ方、話し方 プレゼン = 「パワポ(PowerPoint)を作らな!!」+「本番でのしゃべり!」となるのがだいたいの感じだと思いますが、この本はプレゼン = ( …

“報・連・相”

“報・連・相”…新入社員研修等で耳にする言葉で、「それは非常に大事だ」ということも耳にたこができる位、聞いていると思います。 ところが実際、これが出来ていない人を多くみかけます …

(研修主催者が)良いフィードバックを得るためには

社内のある研修に参加した時(とその後)に「良いフィードバックを得るためには…」を考えさせられたので書いてみます。 その研修は、(何度も行われているものですが)私が参加した回はそれまでのやり方を大きく変 …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。