サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

経験値の絞り方

投稿日:2007年2月24日 更新日:


同年代なのに驚く程、人間的器や知識、考え方の成熟度合いに驚く人もいれば、いくら年上でも「なんだろうなぁ」と思う人もいます。
また若手技術者(技術者に限った話ではありませんが)を見る時にも同じようなことがあります。

そういう風景を見ているうちに「”経験”という果物の果汁(これが経験値)の搾り方」という考え方に辿り着きました。

だいたいの人は(あまりに特殊な環境は除きますが)、普通に勉強して、仕事をして、遊んだり…する経験は種類は違えど、その総量はそれ程変わりないと思っています。
違いがあるとすれば”経験”という果実をどれだけ搾りに搾って、果汁を取り出すか(それを自分のモノにすることが大事なのですが)です。

(良い意味で)要領の良い人やすぐに本質をつかむような人は、果物の表面を少しかじっただけでも多くの経験値を得ます。
が、そうでない人(特に経験が浅い人)は芯に近い部分や皮の部分も搾って果汁を出して、その経験から学べるだけ学ぶという意識、姿勢でないと、なかなか本質を掴み、レベルアップすることが出来ないと思います。
#あまりにその果実が小さければ(しょうもなければ)、早く次の果実に行くというのもありますが…。

ですので、一緒に仕事をすることになった時に私は、その人の果汁を搾り取ろうとする意欲を見たりします。
やっぱりその意欲が強い人は(特に若い技術者であれば)、2年もすれば見間違える程、成長します。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo via Visual hunt

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社内読書会をやってみて

年末年始の小休止中&次の書籍を検討中ですが、社内で行っている「アジャイルサムライ読書会」のことです。 この社内読書会をやり始めたきっかけ やりはじめた経緯は(当時、同じ会社だった)@mah-labさん …

Jenkinsさんと気軽に友達になってみませんか?

今のチームではこちらのエントリにも書いたように「Jenkinsさん」はチームの一員・・・と言うほど、色々なことをしてもらっています。 使い始めるのは簡単だけど… 一方、社内でJenkinsのセミナーな …

問題対私達の構図

システム開発プロジェクト…特にユーザテストなど終盤…で、ユーザから届くイヤな声の1つに「○○機能が想定と違います。Aという動きではなく、Bが(想定される)正しい動きです」というのがあります。 #ここで …

雛形やテンプレートは現場の役に立って「ナンボ」

ある程度の組織にはPMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)や「品質標準化グループ」のような部署があり「設計書のフォーマットはこういうのを使ってください~」「レビューではこのチェックリストに沿って …

仕事が10倍速くなる最強の図解術[読書感想]

仕事が10倍速くなる最強の図解術 報告書やプレゼン資料を作成する際に、図解化することで抜けや漏れが無いか(MECE)、また説得力のある論理構成になっているか?を確認し、質の良いものを造り出しましょうと …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。