サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

リーダーには説明責任がある

投稿日:2008年9月9日 更新日:


リーダー『論』なんていう大げさな話題ではありませんが、数年前、ある上司と「リーダーとメンバー(特にサブリーダー)との関係」について話したことをふと思い出しました。

 「目的を達成するために人を動かす必要があるなら、(一時的にせよ)自分の信念を曲げて、また時にはバカになることも必要」とその上司は言いました。

これは私自身がこういうことをうまく出来なくて、「う~む」と悶えることも時々あり、その必要性はよく分かります。
で、もう1つ「自分以外は全て駒、右腕(例えばサブリーダー)はいらない。だから誰に対しても目的を達成する為に信念を曲げた行動、発言が出来、(結果として)目標を達成出来る」と言い切っていました。

どんな話の流れがあって、こういう話題とその結論になったのか数年前のことなので正確に覚えていませんが、これは違うなぁと思ったのを鮮明に覚えています。

私なら、そのサブリーダーに(最悪、事後にでも)「今回はこんな風に普段の信念とは違う事をしたけど、こういう背景があって、こういう事情があって、こういう狙いがあったから」と話します。
つまり「説明責任を果たす」ということです。

サブリーダーの立場からすればリーダーの意を酌むのは、求められる、能力/タスクの1つです。
しかし、(メンバーを含めた)サブリーダーにとって、心情的に「信念を曲げないリーダー」ということは、そのリーダーについて行ける大切な要素だと思います。

そのような前提の上で、先程の上司のような考え方のリーダーを持つと、そのリーダーの信念が場面によって変化するため、不安を感じると思います。

結果として、サブリーダーがリーダーになった時に、キチッとサブリーダー時代にリーダーから説明責任を果たされていないと、次のサブリーダー(やメンバー)にとって、良くないリーダーになってチームとして力が発揮できないようになってしまうと思います。

人にはそれぞれ向き不向きがあり、リーダーに向いている人もいればそうでない人もいますが、少なくとも私がリーダーの立場で仕事をする時には常に説明責任を果たして、次のリーダーにバトンタッチできるように意識しているつもりです(なかなか難しいことですが)。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo credit: Sebastiaan ter Burg via VisualHunt.com / CC BY

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

強みを否定される

人によってその会社を去る理由は色々あると思います。 (所属組織、他の組織問わず)辞める(た)理由を直接/間接的に聞いた時に思ったことです。 例えですが、あるサッカー選手が「自分はもっと華麗なパスサッカ …

「先読み力」で人を動かす(リーダーのためのプロアクティブ・マネジメント)[読書感想]

「先読み力」で人を動かす(リーダーのためのプロアクティブ・マネジメント) 著者:村中 剛志 ◆目次 序 章 先読み力ってなに? 第1章 あなたの先読み力を知る 第2章 先読み力を鍛えるタイムマネジメン …

「コンビの成熟度合い」がアウトプットに与える影響

企業にはジョブローテーションがあると思います。部署内での担当替えだけに留まらず、部署間の異動、転勤もあります。 #組織の強さや未来像を意識しているかは分かりませんが…。 適性の見極めやゼネラリスト育成 …

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ[読書感想]

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ 著者:横田 尚哉 問題解決がテーマの本は色々読みましたが、その中でも良書の部類に入ると思います。 ポイント …

経験値の絞り方

同年代なのに驚く程、人間的器や知識、考え方の成熟度合いに驚く人もいれば、いくら年上でも「なんだろうなぁ」と思う人もいます。 また若手技術者(技術者に限った話ではありませんが)を見る時にも同じようなこと …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。