サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

会議での「KY読めよ」な空気がキライ

投稿日:2008年9月22日 更新日:


議論が活発な会議で、費用対効果が出ているような会議ならそんなことはないのですが…。

生産的で無い、一方通行的報告的会議で質問すると…
「時間無いねんから」
「そんなんどうでもええやん」
…的な空気になることがあります。

質問自体が何を言いたいか大多数の人に分からず「?」になる内容のもありますが、それは質問者の伝え方をレベルアップすれば良いのであって、質問した行為自体に対する反応として、そういう雰囲気の会議室の空気がキライです。

また、質問を受けた側(たいがいは司会者や上役)が「質問あったから余計時間かかったわぁ」なんて言うのは、会議体、というか組織に対して少なくとも前向きに関わろうとしている人の気持ちを拒否しているようで、非常に残念です。

そういう空気、雰囲気になった結果、報告や内容が明確に伝わらず、二度手間や伝達ミスが発生し、組織として機能不全になり、力を発揮できないことになると思います。

本当に興味無い質問やなぁと思えば、その旨を告げて会議を退席すれば良いのに…とか思ってしまいます。
というわけで会議は生産的、有意義なものにしたいなぁと一参加者としての立場で思ったわけです。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo via VisualHunt.com

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Javaの格言―より良いオブジェクト設計のためのパターンと定石[読書感想]

仕事でJavaを使ってのシステム構築をしています。 勉強したり、資格を取るためJavaをさわることはあっても仕事は初めてです。 で、思い立って以前に買って積読していた↓をちゃんと読んでみました。 ■( …

リーダーには説明責任がある

リーダー『論』なんていう大げさな話題ではありませんが、数年前、ある上司と「リーダーとメンバー(特にサブリーダー)との関係」について話したことをふと思い出しました。  「目的を達成するために人を動かす必 …

(研修主催者が)良いフィードバックを得るためには

社内のある研修に参加した時(とその後)に「良いフィードバックを得るためには…」を考えさせられたので書いてみます。 その研修は、(何度も行われているものですが)私が参加した回はそれまでのやり方を大きく変 …

「コンビの成熟度合い」がアウトプットに与える影響

企業にはジョブローテーションがあると思います。部署内での担当替えだけに留まらず、部署間の異動、転勤もあります。 #組織の強さや未来像を意識しているかは分かりませんが…。 適性の見極めやゼネラリスト育成 …

ホワイトボード

所属部門にあるホワイトボードの話です。 自分の考えを整理したい時、打合せなどでよくホワイトボードを使います。 決まったことや議論の内容を書くこともあれば、絵や表などを描くこともあります。 むしろホワイ …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。