サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

会議での「KY読めよ」な空気がキライ

投稿日:2008年9月22日 更新日:


議論が活発な会議で、費用対効果が出ているような会議ならそんなことはないのですが…。

生産的で無い、一方通行的報告的会議で質問すると…
「時間無いねんから」
「そんなんどうでもええやん」
…的な空気になることがあります。

質問自体が何を言いたいか大多数の人に分からず「?」になる内容のもありますが、それは質問者の伝え方をレベルアップすれば良いのであって、質問した行為自体に対する反応として、そういう雰囲気の会議室の空気がキライです。

また、質問を受けた側(たいがいは司会者や上役)が「質問あったから余計時間かかったわぁ」なんて言うのは、会議体、というか組織に対して少なくとも前向きに関わろうとしている人の気持ちを拒否しているようで、非常に残念です。

そういう空気、雰囲気になった結果、報告や内容が明確に伝わらず、二度手間や伝達ミスが発生し、組織として機能不全になり、力を発揮できないことになると思います。

本当に興味無い質問やなぁと思えば、その旨を告げて会議を退席すれば良いのに…とか思ってしまいます。
というわけで会議は生産的、有意義なものにしたいなぁと一参加者としての立場で思ったわけです。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo via VisualHunt.com

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

強みを否定される

人によってその会社を去る理由は色々あると思います。 (所属組織、他の組織問わず)辞める(た)理由を直接/間接的に聞いた時に思ったことです。 例えですが、あるサッカー選手が「自分はもっと華麗なパスサッカ …

技術者の直感を信じてみては?

プロジェクト…特に詳細設計やプログラミングなど技術者がフル稼動する工程…において、経験豊かな技術者の直感が働くことがあるようです。 その直感とは「あ、(この仕様、実装は)このままではまずいのでは?」と …

潔く本を諦めるようになりたい

どれくらい先かは分かりませんが、今後「したいこと」「できるようになりたいこと」の1つに「潔く本を諦める」ことがあります。 何度かエントリにも書いていますが、仕事関係の技術書やマネジメント系、その周辺領 …

「今年の漢字は?来年の漢字は?」アクティビティ

先日、所属組織の忘年会でちょっとしたイベント?ゲーム?をしたので紹介します。 メンバーによりますが、2時間ダラダラ話したり、若手が(半ば押し付けられる形で)芸をしてお茶を濁すような宴会は、あまり好きで …

仕様凍結のつぶやきのその後

「外部設計はこれでOKですね?ハンコ押してください。これで仕様凍結します。これ以降は仕様変更になります」なんて会話をお客様にして、良い気持ちで押してくれるお客様なんていないよ。 — yoh …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。