サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

我慢することの難しさ

投稿日:2009年4月11日 更新日:


もうずいぶん前の感じがしますが…2009年1月に納品したプロジェクトで、私が感じたことの1つに「自分には我慢が足りないなぁ」があります。

そのエントリにも書いていましたが、PJメンバーにいた新人と若手が「レベルアップする」というのが、(QCDという面での成功はもちろんのこと)プロジェクトのミッションの1つでもありました。
#そして、毎度のことながら「レベルアップする」結果を出すのはとても難しいと思いました。

で、そのミッションを実現させるために、できるだけ毎日の朝会、仕様検討や(社内/社外を問わず)レビューなど様々なシーンで、2人に「~さんならどう思う?」とまずは聞いて、そこに答えがあれば、さらに「その根拠は?他のことはどんなのがある?」とロジカルに考え、そして判断できる力を少しでも付けてもらうようにしたり。
#もちろん私なりの根拠ある答えを持っていますが。

また各人の進捗管理、タスク自体のやり方も、(基本的に)2人から発信がない限り、(ある程度意識して)放置したりしようともしました。
とはいうものの、自分の心配性やイラチな性格もあり、どうしても先に気付いた点や対応策、やり方などを言ってしまう場面も多々ありました。
2人にはその辺はあまり良い思いをさせなかったなぁと反省しています。

(ある程度プロジェクトの先が見通せた)終盤では「それは…」と言いそうになると「我慢、我慢…」と言い聞かせていましたが、まだまだマネジメントや色々な面で課題はまだまだあるなぁと。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo credit: mrbill78636 via VisualHunt.com / CC BY

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

報告を受ける側も少しだけ努力してくれるとウレシイ

上司、また年に1,2回しか会話を交わさない(そもそもそんなに会わない)ような、えらい人に報告をする時に「報告を受ける側も少しだけ努力してくれるとみんながハッピーになれるなぁ」と思いました。 報告のセオ …

Share

インセプションデッキを書いてみた

社内で「アジャイルサムライ~達人開発者への道~」の読書会をやっています この読書会。色々な所(道場)があります。詳しくはGitHubにまとめられているWikiをご覧ください。 読書会で作ってみた その …

Todoリストの更新タイミング

仕事関係のタスクを記録しているTodoリストがあります。 このTodoリストを更新するタイミングについて、(自分にとって)より効率良く仕事ができた方法を書いてみます。 Todoリストの更新タイミングを …

タスクマネジメントツール「Trello」

今のところ、個人で一番使っているタスクマネジメントツール「Trello」です。 Trelloとは? 「Fog Creek Software」が提供しているWebベースのタスクマネジメントツールです。 …

自発的に動いた人が損しない仕組み作り

危機意識を持って…もしくは思いつきで…、トップダウンの形で「組織風土を改善し、より強固にしよう」とか「ノウハウを共有して、ビジネスの力にしよう」という話が降りてくることがあります。 (トップから命令さ …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。