サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

自分の仕事を説明できますか?

投稿日:2009年10月8日 更新日:


#ソース元は「ビジネスマンの不死身力:お盆休みは知人に仕事のことを話そう」です。

IT業界における「システムエンジニア」「プログラマー」「プロジェクトリーダー」「プロジェクトマネージャー」の仕事って、なかなか業界外の人に説明するのは難しいものです。
#時には同業他社でもビックリする程違う場合もありますし。

自分の仕事を振り返ってみても、所属するプロジェクトの規模やそのフェーズなどよって変わっているなぁと思うわけです。

要件定義などの上流工程では毎日のようにお客様と打合せをしたり、時には知恵熱が出るほど色々考えたり、会議室に1人籠もって計画を考えてみたりと、ほとんど席にいない日々もあります。
かと思えば、設計や製造フェーズに入ると(自分が物作りもするならば)一転して、プログラミングをするので、ず~っとディスプレイとにらめっこしてガシガシしている…状況になったりもします。

先日、そこそこ年輩のIT業界外の方と話をしていて…

その方:「仕事は何しているの?」
私:「仕事はシステムエンジニアをしています」
その方:「インターネット使って何かやるの?」

…という答えが返ってきたりもしました。

同様のことが所属会社の説明会に来た就職活動中の学生に向かっての説明でもあったりました。
まぁこちらの時は時間も相応にありましたし、もちろん学生さんもそれなりの予備知識を入れているので「私のよくある1日はこんな感じです…」として説明しました。
#イメージをどこまで持ってもらえたかは分かりませんが…。

この記事にも書いているように業界外や年齢が離れていたとしても、比喩などの色々な方法を使って、自分の仕事を過不足なく伝えることができないとあかんなぁと思いました。
#個人的にはある種のサービス業…お客様の望む状態にする…と思っていて、ITはその手段だと思っていますが。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo credit: bobsfever via Visual Hunt / CC BY-ND

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペアプログラミング―エンジニアとしての指南書[読書感想]

ペアプログラミング―エンジニアとしての指南書 著者:Laurie Williams, Robert Kessler 翻訳:長瀬 嘉秀, 今野 睦, テクノロジックアート 今の小規模プロジェクトで、ペア …

もっと会議の時間を有効に使いませんか?

今回は、ある会議に出ていて「もう少し効率良く時間を使えるなぁ」と思ったことを書きます。 出席者は地理的に離れている複数チームです。 チームごとのタスクは異なりますが、活動領域には重複する部分もあり協力 …

会社を移ることになりました

2012年6月末で会社を移ることになりました。 (何度か転職をしているのですが)今のところ、社会人経験の中で一番長く所属していた会社になっていました。 思い出1:Rubyとの出会い 入社後しばらくして …

徹底することの難しさ

やり方の改善や新手法を取り入れることがあります。 例えば今までの設計手法を「品質の向上を目的として、今度はこういう手法、方法をやってみよう…」等という時です。 顕在/潜在的問題点に対し解決方法を考え、 …

報告を受ける側も少しだけ努力してくれるとウレシイ

上司、また年に1,2回しか会話を交わさない(そもそもそんなに会わない)ような、えらい人に報告をする時に「報告を受ける側も少しだけ努力してくれるとみんながハッピーになれるなぁ」と思いました。 報告のセオ …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。