サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

DevLOVE 旧館より 考え方

Professionalと思う3つの振る舞い

投稿日:2012年12月10日 更新日:


DevLOVE Advent Calendar 2012 “Professional”に投稿しました。

「自分にとってのProfessional」とは?

私が考えているProfessionalの定義は以下の3つをやっている、もしくは、やろうとしている人です。
それは「Whyを考え続ける」「厳しいことを言える」「ベストを尽くす」です。

続きはDevLOVE Advent Calendar 2012 “Professional”のエントリでお読みください。

私以外にも多くの方が「自分にとってのProfessional」というテーマで書いています(し、これからも書いてくれるでしょう)。
何が正解・・・というのはありませんが、それぞれの考え方にふれることで何か新しい発見があるかもしれません。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo via Visual Hunt

-DevLOVE, 旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Redmineのチームでの使い方を紹介

Redmine Advent Calendar jp 2011の10日目になります。 私は(プラグインをガリガリ作ったりしてないので)「自分達のチームでの使い方」をいくつか紹介します。 コンテキスト …

強みを否定される

人によってその会社を去る理由は色々あると思います。 (所属組織、他の組織問わず)辞める(た)理由を直接/間接的に聞いた時に思ったことです。 例えですが、あるサッカー選手が「自分はもっと華麗なパスサッカ …

ニコニコカレンダー

先日、チームのフリカエリをして、その時の(自分の)ネタに半年前から付けている「ニコニコカレンダー」を見てました。 「ニコニコカレンダー」の説明はこちらで。 私の今の使い方はデスクの卓上カレンダーにちょ …

「開発現場に伝えたい10のこと」を出版しました

2013年の出来事の1つとしてDevLOVE関西【開発現場に伝えたい10のこと】という電子書籍を出版し、私もその1章を書かせてもらいました。 どんな内容? 所属する組織や立場が異なる10人それぞれの経 …

文章の揺らぎ

どんな職種でもそうですが、ことSEになると「他者に意図を過不足なく伝える」資料(文章、図形問わず)を書くことが多くなります。 ここで言う他者とはお客様・・・この場合は提案書や要件定義書・・・の場合もあ …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。