サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

DevLOVE 旧館より 考え方

Professionalと思う3つの振る舞い

投稿日:2012年12月10日 更新日:


DevLOVE Advent Calendar 2012 “Professional”に投稿しました。

「自分にとってのProfessional」とは?

私が考えているProfessionalの定義は以下の3つをやっている、もしくは、やろうとしている人です。
それは「Whyを考え続ける」「厳しいことを言える」「ベストを尽くす」です。

続きはDevLOVE Advent Calendar 2012 “Professional”のエントリでお読みください。

私以外にも多くの方が「自分にとってのProfessional」というテーマで書いています(し、これからも書いてくれるでしょう)。
何が正解・・・というのはありませんが、それぞれの考え方にふれることで何か新しい発見があるかもしれません。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

Photo via Visual Hunt

-DevLOVE, 旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エンドユーザの声を知る大事さ

システム開発プロジェクトでは、それを実際に使うエンドユーザと接点があるかで、満足度を高くできる可能性が大きく変わると思います。 (プロジェクト規模にもよりますが)セキュリティ面やお客様内の情報システム …

difference-of-the-elements-required-for-development

新規開発と保守開発に求められる要素の違い

システム開発の要素の1:新規開発(スクラッチ)と2:保守開発(機能追加)があります。 #保守開発は派生開発とも呼んだりするようですが、ここでは保守開発とします。 新規開発はその名前の通り「一から」シス …

ニコニコカレンダー

先日、チームのフリカエリをして、その時の(自分の)ネタに半年前から付けている「ニコニコカレンダー」を見てました。 「ニコニコカレンダー」の説明はこちらで。 私の今の使い方はデスクの卓上カレンダーにちょ …

日常の意思決定にも使えるかも…狩野分析法

http://d.hatena.ne.jp/masayang/20071213/1197534511にて狩野分析法というものが紹介されていました。 「Agile開発で~」と書かれていますが、Agile …

“報・連・相”

“報・連・相”…新入社員研修等で耳にする言葉で、「それは非常に大事だ」ということも耳にたこができる位、聞いていると思います。 ところが実際、これが出来ていない人を多くみかけます …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。