サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

「 考え方 」 一覧

あるリーダーFさんのこと

2015/05/18   -日常, 考え方

ふと週末に近所を散歩していたら、クラブ活動中の母校(中学校)の学生を見かけて思い出したことです。 これまで自分が出会ったリーダーで、強く印象に残っている一人が中学校時代の先輩でした。 #中学時代のこと …

社内勉強会の初めの一歩

2013/02/25   -勉強会, 考え方

先日のDevLOVE関西「勉強会勉強会」のビアバッシュでの話です。 社内勉強会を始めようと思った時の2つの不安 20人位の組織にいる人で「どうやって社内勉強会を始めて良いか分からない」という課題を持っ …

何かを変えたい(チェンジ)時の5つのコツ

2012/11/06   -改善, 旧館より, 考え方

先日「AgileTourOsaka2012 in Minoh」に参加してきました。 箕面という珍しい土地も楽しめましたし、スピーカー3人ともあまり関西ではお話されない方なので、お話が聴けて良かったです …

業務の引継ぎや情報の伝達で思ったこと

2012/09/18   -改善, 旧館より, 考え方

今のチームで仕事をやり始めて2ヶ月半が過ぎました。 その2ヶ月半で、業務の引継ぎや情報の伝達について、ふと思ったことがあったのでつらつらと書いてみます。 自分の立場 中途入社でしたので、チームが携わっ …

プロジェクトに途中から入る難しさ

開発プロジェクトの立ち上がりではなく、途中から参加することはどれくらいの頻度であるでしょうか? また、それはどのあたりから参加することが多いでしょうか? 開発プロセスがウォーターフォールの場合、要件定 …

初めて勉強会で発表する人に伝えたいこと

2011/10/31   -勉強会, 旧館より, 考え方

同僚がチームが直面した課題、その課題へ工夫したことを事例紹介として、勉強会で発表することになりました。 この同僚は社外の勉強会では初めて発表するというこもあってか「ほとんどの聴き手が『そんなん知ってる …

人によって違う「ゆっくり」

2011/08/31   -旧館より, 考え方

お客様や同僚から言われる「この仕様をドキュメントにまとめてもらえますか?急いでいないので、”ゆっくり”で良いですよ」という言葉。 よくある会話ですが、この「ゆっくり」の捉え方に …

やりたいことをするために一歩進んでアクションしてみる

2011/08/17   -改善, 旧館より, 考え方

あるエンジニアと話した時に「雛鳥が親鳥からエサをもらうように口を開けて待っているだけでなく、一歩進んで、アクションを起こしてみてはどうか?」と思うことがあります。 やりたいことを周囲に伝えていますか? …

嬉しい言葉「また一緒に仕事をしたいですね」

2009/06/17   -日常, 旧館より, 考え方

「またこのチームの皆さんと一緒にプロジェクトをしたいですね!」 システムのカットオーバーを無事に迎えたプロジェクトの打ち上げで、クライアントからこんな言葉をもらえるとすごく嬉しいものです。 こういう言 …

会議の費用対効果

2008/02/28   -改善, 旧館より, 考え方

IDEA*IDEAのミーティングで使えるちょっとした話法いろいろを読んで会議の費用対効果について考えたことです。 会議の目的 一口に会議といっても、色々な種類や目的があります。 1:ディスカッションや …

愚痴を言うよりも何か行動を起こす方が精神衛生上良いと思う

2006/11/25   -旧館より, 考え方

 飲み会の席で上司や会社の愚痴を言う人がいます。  愚痴はストレス発散の効果もあるでしょうから全面的に悪いとは思いません。  ただ改善の見られない愚痴(それは既に愚痴では無いかもしれませんが)を聞いて …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。