サウスポーなエンジニアの独り言

サウスポーなエンジニアが日々感じた、気づいた、学んだことを徒然と書いています。

旧館より 考え方

継続的な受付窓口って必要

投稿日:2010年3月11日 更新日:


ふとあるミーティングで熱く議論した後に思ったことです。

色々な組織レベルで、「会社を活性化するには?」とか「売上を伸ばすにはどうしたら良いか?」という類のアイデア出しやブレーンストーミングを目的とするミーティングや会議があります。
その場で色々と議論、話し合って、(少なくともその時は)ある一定の結論やアイデアを出尽くした感が持ちます。

が、しばらく後…時には数日後などに…やはり(そのミーティングで真剣に考えていればいるほど)、潜在意識で考えているのか、ふと「あ、そう言えばこんな案もあるな」とか「こういうのはどうだろう?」と浮かんで来ることがあります。
そしてそういう考え、アイデアの中に案外、ブレークスルー(もしくはそのきっかけ)が含まれていることもあると思います。

ただ残念なことに、その良いアイデアを伝える、ミーティングの場は既に終わっていたり、窓口が無かったり、分からなかったりします。
そしてせっかくの良いアイデアは表に出ることなく消えていきます。

自分の中に思い浮かんだ時もそうですし、別の機会に「実はあの後で~」なんて聞くと、「おぉ、なんてもったいない」と思うわけです。
なので、こういうミーティングやイベントのアフターフォローとして、継続して意見を言える環境…窓口なりなんなり、方法は色々ありますが…を用意して、明確にしておくのが、おそらく本体のミーティング以上に大事なことでは?と思います。

※注意:この記事は旧サウスポーなエンジニアの独り言から移行し一部修正したエントリです。

-旧館より, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

未来の自分を信頼し過ぎない

プログラミングにおいて他者のことを考えて「分かりやすいコードを書きましょう」「適切なコメントをつけましょう」というのは基本的なことです。 この「他者」には、そう遠くない「未来の自分」も含まれています。 …

愚痴を言うよりも何か行動を起こす方が精神衛生上良いと思う

 飲み会の席で上司や会社の愚痴を言う人がいます。  愚痴はストレス発散の効果もあるでしょうから全面的に悪いとは思いません。  ただ改善の見られない愚痴(それは既に愚痴では無いかもしれませんが)を聞いて …

ホワイトボードを使わない会議はあり得ない

色々な意味でカルチャーショックなプロジェクトの話です。 お客様との打合せ…議題は複雑で、図解をしたりして、何らかの「見える化」などの対策をしないとアッと言う間に「空中戦」になること必至のものでした。 …

やりたいことをするために一歩進んでアクションしてみる

あるエンジニアと話した時に「雛鳥が親鳥からエサをもらうように口を開けて待っているだけでなく、一歩進んで、アクションを起こしてみてはどうか?」と思うことがあります。 やりたいことを周囲に伝えていますか? …

社内研修で思うこと

社内研修における受講者、講師について思ったことです。 社内研修には(自分から手を挙げる以外に)「3年目だから」や「主任だから」というキャリアによって必須のもの、また部長などが推薦するものがります。 い …

ギルドワークスの現場コーチ。
「正しいものを正しくつくる現場を増やす」ことを目指している現場コーチ。認定スクラムマスター(CSM)。
様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至る。
DevLOVE関西を主催。